マニアックフィッシュタウン蒲郡で買い物を楽しむ

シェアする

☆★☆★☆
ビッグコミックスペリオールにて
「僕は君を太らせたい」
連載中!
★☆★☆★

作品公式Twitterはこちら!




福岡で野食会やります! 
現在参加お申込み受付中です。。

いつものパターンだと、確実にご参加いただくには「持ち込み枠」にて申し込まれるのがいいと思います。たぶん手ぶらはすぐ満席になると思います。






先日、愛知県の蒲郡というところにお邪魔しました。

蒲郡市観光協会HP
蒲郡といえば我らが西武ライオンズの天敵・ソフトバンクホークスの千賀晃大選手の出身地として有名ですが(やきう民並の発想)、じつは駿河湾沿岸とならび深海漁が盛んな地域です。
おまけに駿河湾とは異なり、前海に遠浅の三河湾を抱えているため、水揚げされる獲物のラインナップがとてもユニーク。
キュウセン、シタビラメ、メイタガレイなど内湾の惣菜魚と、ハダカイワシや深海エビ、ベニテグリといった深海魚が同じ入り合い箱に並べられているのは、ほくのような珍魚党にとって非常に萌える光景です。

https://www.outdoorfoodgathering.jp/fish/beniteguri/

蒲郡自体、これらの個性的な魚たちを推していく姿勢をとっているようです。

素晴らしい。

広告
広告

今回訪れたなかで、最もそのようなグッと来る光景があったのが、蒲郡の南端、三河湾につき出す西浦半島の真ん中くらいにある西浦鮮魚マーケット


地元の漁師さんと農家さんが、地元の人々のためにとれたてのものを販売している素朴な市場なのですが、売られているものはまさに宝の山でした。

いいね!


サイコーだね!


おらワクワクすっぞ(≧ω≦)



ここではハダカイワシ、メゴチ、ガンゾウビラメを買いました。
全部で1,000円ジャスト。

その後、お隣西尾市の一色市場などを物色したのち、西浦半島を横断して反対側の形原漁港へと向かいました。
こちらも深海漁の基地として有名で、また某大手旅行ガイドによると「朝だけでなく午後にも競りが行われ、常に新鮮な魚が手に入る」とのことでしたが……


港の前の直売所のおかみさん「いまは午後の競りはやってないんだよ、漁師減っちゃってさ……」

なんという(;ω;)
日本人がウナギとマグロを絶滅させようとしている間に、こういう素朴でも大切な食用魚を捕る人たちがいなくなってしまっているのか……
まあでもなってしまったものはしょうがない、いま頑張ってる漁師さんの心意気に答うるべく、珍魚たちを買っていきたいところです。


ここでは

変わったエビと


ちょっと変わったちっちゃいタコを買いました。

それぞれ、調理して記事にしていきたいと思います。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. やぎ より:

    いつも拝見させていただいております。
    蒲郡にいらっしゃったのですね!お疲れ様です。
    竹島水族館には行かれましたか?茸本さんたちに負けず劣らずガッツのある(野食的な意味で)水族館で有名ですけど、いつかコラボしてみてほしいです。