日本最大の食用キノコ「ニオウシメジ」を一本丸ごと天ぷらにしてみた & 福岡野食会2019開催・募集開始のお知らせ

シェアする

先日、たかpさん(@takashi5082)から「ニオウシメジ採れたんですけど、よかったらすこしどうですか?」というご連絡をいただきました。

いよいよ……来たか……(ガタッ)

ニオウシメジは日本に産出するキノコの中では文句なしに最大(子実体、株単位で)のもので、発生するだけでニュースになるほど。
一度は食べてみたい、と思っていましたが、発生量が少なく、生育条件もあまり明らかになっていないため、出会うのが困難すぎて半ば諦めていたところがありました。

しかしまさかここで出会えるとは……キノコの神とたかpさんに感謝です。


家にお招きいただき、採取した株を見せていただくと

でwかwいwwwwww


株の直径は70cmほど、重量は実に24kg!


一本の子実体の大きさも、傘径13cm、高さ45cmに及ぼうという巨大さ!


このサイズにして中実、身質もとても締まっており、これだけの重さがあるのもさもありなんという感じです。


断面など、見た目だけならブナシメジとそっくりなのですが、縮尺が完全に狂ってる。


市販のブナシメジと比べるとこの差……!

虫の入りも全くなく、実に上質です。ベストオブベスト。
香りは市販のブナシメジをベースに、野性味あるニラのような香りが乗っかります。
鮮度が落ちると魚臭くなるそうですが、全くそんなことはありません。食欲の出る香りです。


たかpさん、宮さんと三等分して貰っていくつもりだったのですが、いろいろあってぼくが4分の3を預かり、食べたり保存したり欲しい人に配ったりさせてもらうことになりました。
18kgのキノコは残念ながら、持っていった100リットルのトランクにも収まらず、一部はごみ袋に入れた状態でそのまま持ち帰る形に。

まさか、ラッシュアワーの電車に超巨大キノコが乗っているなんて誰も思わないだろうなぁ…いよいよ

広告
広告

ニオウシメジ、美味い!


持ち帰り、連れと一通り爆笑したあとで、いよいよ調理へと進みます。

まずはシンプルに、裂いて網焼きに。
図鑑によると「生焼けだと中毒することもある」とあるので、しっかり火を通します。おそらくハイイロシメジと同様の、レクチン等毒たんぱく質が含まれているのではないでしょうか。


いただきまーす

……(≧∀≦)うっまー!
かさはプリっとして、柄はエノキタケもビックリのジャキジャキっぷり、そして全体に大量のうま味エキスを含んでいて、口にするとじゅわっと溢れだします。
後味に僅かに苦味がありますが、うま味が強すぎて全く気になりません。

……あ、でも巨大な子実体だとちょっと苦いかも。でもこれ、嫌な苦味じゃなくてむしろ良いアクセントですね。
日本酒めちゃくちゃ合うやろこれ……!

歯ごたえ、うま味、心地よい苦味、ボリューム感がいずれもキノコのなかでもトップクラス。
ハタケシメジとウラベニホテイシメジの良いとこを合わせて巨大化させたような感じですね。こんなにでかいのに美味しいとか、ちょっとしたバグを感じます。


そして、このタイプのキノコはやはり、天ぷらがめちゃくちゃ美味いはず!

適当な大きさに裂いて、衣をつけてカラッと揚げればオーケー!

……裂けと言っとるのに。
でも、やっぱりこれやらないとね!一本丸揚げ!


キタコレ!いただきまーす!


ウマー(≧~≦)
香りがとても強く、ジューシーな噛み心地。高温で処理すると苦味も気にならなくなるようですね。。
これはマジで美味い。素晴らしいキノコです🍄

でもあれだ、一本丸揚げ、繊維が噛みきれないから喉につまらせたら死ぬわこれ。
初のニオウシメジによる死者として記録されるところでした。危ない危ない。

普通に裂いて揚げるのが一番

味:★★★★☆
価格:★★★★☆


まだまだあるのでいろいろやっていきたいと思います。野食会にも出すぞ(`・ω・´)

野食会 in 福岡 やっていきましょう

というわけで、また福岡でやります。
今度は小倉!

博多小倉間を移動してると「福岡広いなこん畜生」って実感させられるよね……ちょっと遠くてすみません。
でもあれだ、山口とか大分の人にとっては来やすいよね、むしろ。
ぜひ頑張ってきてください! 会場広いから全員入れるはず、たぶん。


今回も、開催にあたり
・ライオンズの悪口を言わない
・ホークスの応援をしない
などの参加条件を設定しようと思ったのですが、やっぱり諸事情により実現せず、誰でもウェルカムという形になりました。
例によって野食経験の有無も全く不問です、変わったものが食べたいんだという強い思いだけがあればいい。
みんなで楽しくやっていきましょう。

開催要項

主催:茸本朗・野食ハンマープライス

日時:2018年8月17日(土)13:00乾杯~18:00解散(入退場自由)
開場は12:00ごろの予定です。調理や準備などのある方は早い時間にお越しください。

会場:KITCHEN Q
福岡県北九州市小倉北区京町3丁目10−6

 各線 小倉駅からすぐです。公共交通機関でお越しください。
駐車場はありません、お手数ですが近隣のコインパークをご利用ください。
 
場所の詳細はリンク先へ。
会に関わるご質問は、会場ではなく茸本までご連絡ください。

費用:食材をお持ち込みいただける方 4,000円 
お酒のみのお持ち込み、もしくは手ぶらでご参加の方 5,000円(いずれも飲み放題付き)

  ※※※学割について※※※
今回、会場が広くキャパシティが大きいので、学生割引を実施させていただこうと思います。(最大で10人程度)
学生の方は持ち込み枠2000円、手ぶら枠2500円とします。
適用条件として
・二十歳以上の学生で、自身の食材アレルギーについて理解しており責任を持てる人
・酒に酔って粗相したり輩になったりしない人
・「ゲテモノを食べる会」ではないと理解できている人
学割適用希望の方は申し込みの際にお申し出ください。


食材のご用意について、皆さまにかなりの費用・手間を費やしていただいているため、
2段階の料金設定をもうけております。

手ぶら枠の方でも、食材の持ち込みは大歓迎です!(申し込み時にお持ちになる予定の食材をご連絡ください)
これまで同様「自分の獲ってきたものを食べてほしい!」という欲求を開放する会にしたいと思っています。

なお今回、特にお酒の持ち込みについて歓迎いたします!


こちらで用意するものは以下の通りです。
ビール 適宜
日本酒 適宜
ワイン 適宜

深海魚・マイナー魚(手に入ったもの)

干潟のものもの(採れたら)

各種野生キノコ(ヤマドリタケ類、ニオウシメジなど)

野草 適宜
その他食材を多少

調理器具(出刃・小出刃・柳刃・うろこ落とし・フライパン・まな板・プラカップ・紙皿・卓上コンロetc.)

※注:食材の量を把握したいので、御持ち込みいただける方はざっくりとで構いませんので、お持ちいただけるものと量をお知らせ頂けると助かります!


参加資格:とくに制限なし!
「野食」に興味がある人ならだれでもウェルカム!


途中入退場は自由です!

★☆★応募方法について☆★☆

今回は、どちらの枠も同時に募集開始させていただきます。


①食材のお持ち込みを頂ける方
応募期間:7/17(水・本日)~
当ブログサイドバー、あるいはページ上部にリンクされているお問い合わせフォームからお申し込みください。(twitter、LINE、メールなどはご遠慮ください)

・応募の際に、お持ち込みいただける食材の詳細と量についてご申告ください。
・応募いただいた皆様に順次返信いたします。
・残念ながらこちらの枠から漏れてしまった方も、以下の「持ち込みナシ枠」での再応募は可能とさせていただきます。


②食材のお持ち込みの無い(手ぶらで来られる)方
応募期間:7/17(水・本日)~
当ブログサイドバー、あるいはページ上部にリンクされているお問い合わせフォームからお申し込みください。(twitter、LINE、メールなどはご遠慮ください)
・こちらは先着順となります。
・食材のお持ち込みのある方は、応募の際に、お持ち込みいただける食材の詳細についてご連絡ください。


お申し込みのルールが複雑になっており恐縮です。
ご不明な点や質問などございましたら、当記事のコメント欄、あるいはお問い合わせフォームからいつでもご連絡くださいませ。
(こちらが回答したご質問については、記事内にも転記させていただくことがあります)

過去の開催記事も、よろしければご参照くださいませ。


皆さまからのご応募・ご連絡をお待ちしております! (_ _)

有明海の


魚もでるよ

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ プニプニ!プニプニ! より:

    でかいwwww
    笑うしかないwwww

  2. デスデス君 より:

    小倉!近場で開催されるのに行けないのが残念です。
    小倉名物ドギドギうどんもぜひご賞味あれ。