ミシマオコゼの卵で作る「生からすみ」っぽいものが美味い

シェアする

先日、冷蔵庫を整理していると、得体の知れないジップロックが出てきました。
うちの冷蔵庫は野菜スペースの奥に段があり、そこに物が落ち込むと神隠しに遭ってしまうのです。

何だろうな……と恐る恐る器にあけてみると

……卵?
魚卵っぽいですね。

記憶を遡って行くか……

……

……

……ミシマオコゼ

思い出した、夏に愛知・一色漁港朝市でトロ箱いっぱい400円で購入したミシマオコゼが抱卵していたので、集めて塩漬けにしていたのでした。


仕込んだ時は「しばらくしたら日本酒で塩抜きして、干してカラスミにでもしようかな」と思っていたのですがそのまま時空を超え、半年の熟成を経てぼくの前にそのご尊顔を顕されたのでした。
ハイアール製冷蔵庫は150リットルの4次元空間です。恐ろしい(オマエガナー)

広告
広告

ミシマオコゼの卵は生でも美味しい、いわんやパスタをや

取り出した塩漬けミシマオコゼ卵、最初の状態と比べると色がかなり濃くなっており、かなり辛い人生を送ってきたことが想像されます。
すまぬ……すまぬ……と思いながら念のため匂いを嗅いでみたのですが

…(`・∞・´)オッ
なかなかいい感じの香りがします。上手く仕上がった干物や塩辛のような、食欲を誘う香りです。

改めて塩抜きをして干すことも考えましたが、これだけ熟成していたらそれはなんだか勿体ない。
思い切って一口食べてみると

……! 美味い!
かなり強めの塩で漬けたにも関わらず塩気にトゲはなく、円熟味のある旨味を感じます。
これ、このまま食べてもいいな。
尾鷲名物「生からすみ」みたいでとても良いです。怪我の功名!


この時点で熟成の具合がちょうどよく感じたので、腐敗防止も兼ねてオリーブオイルに漬けることにします。


再び冷蔵庫にしまって、数日後。


試食してみると、オリーブオイルのおかげでより一層まろやかになり、高級珍味のような雰囲気をまとっていました。
せっかくだしこれで何か料理を作ってみようかな。
といってもあまり手を加えたくはないので、、


溶かしバターと混ぜて、茹でたパスタを和えて、コショウをかけて


ミシマオコゼの生からすみパスタ!
いただきマース


……(≧〰≦)キタコレ
タラコと比べるとより発酵した香りが強いですが、その分コクや旨味が強く素晴らしいです。
粒もタラコより大きく、また一粒ずつがしっかりしていて舌の上で主張します。
これはワインよりも日本酒に合いそうなパスタだなー!

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告