百合界の悪役令嬢?問題外来種「シン・テッポウユリ」の百合根を食べてみた

スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
というわけでのっけから釣りっぽいタイトルで恐縮なのですが早速やっていきましょう。


こちらの球根ですが、皆様ご覧になったことはありますでしょうか。

これは、ヤマユリの鱗茎です。
山のちょっと開けたような場所に群生する野生のユリで、かつて正月食材の「百合根」といえばこのユリだったという地域もあります。

残念ながら現在では発生地がやや減ってきており、保護されて採取禁止となっている場所も多いです。今回は河川敷にあったぶっとい個体群から一つだけ頂戴してきました。
この根っこを甘く煮て、おせちに欠かせない百合根を作ろうと思うわけです。


なんですけども、今回はもう一つ、別の百合根があります。
それがこちら。

これは「シンテッポウユリ」という種類のユリの球根です。赤みが強く、鱗片の一つ一つが小型なのが特徴。
こちらはヤマユリと違い、どこにでも生えています。うちの近所では線路脇にモサモサ生えていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 

悪役令嬢は顔が良い

このシンテッポウユリ、実は在来種ではありません。園芸種として日本に持ち込まれた「タカサゴユリ」という植物が、在来のテッポウユリと交雑してできた(あるいは人為的に作られた)キメラなのです。
そのためか非常に生命力が強く、ちょっとした隙間にもどんどん入り込んでしまいます。人家の庭にも当たり前に咲いたりしてます。


この生命力と、在来種とどんどん交雑してしまう性質から、シンテッポウユリは環境省によって「生態系被害防止外来種」に指定されている問題外来種なのですが、その勢力拡大はとどまるところを知りません。

なぜ増えているのか、その理由はズバリ「きれいだから」

夏に咲く花は透き通るような純白で、鈴なりに咲く様子は園芸種も霞むほどの美しさ。庭に生えてきても「あらこんなユリ植えたかしら、まあきれいだからいいわ」で済まされてしまい、駆除されないってわけ。

あとからズケズケ入り込んできて、その美貌と図々しさで覇権を企むなんて、まるで悪役令嬢じゃないですか。百合だけど。
どうですかこういうの、刺さる人いるんじゃないですか。
ちなみに和名は「新鉄砲百合」ですが、その性質的に「シン(sin)・鉄砲百合」でもいいんじゃないかという気もしますね。


そんな悪い百合子ちゃん(都知事、体調大丈夫なのかしら)であるシンテッポウユリですが、世間の目は騙せても野食ハンターの目は騙せません。
どんな悪い子だって根はきっといい子だろうということで、鱗茎を掘り起こして食べてみることにしました。せっかくヤマユリの百合根もあるので、食べ比べてみればより違いがわかるかもしれません。

百合と百合の間に挟まってみましょう。

シンテッポウユリを食べてみた

というわけで調理していきましょう。

まずは鱗片を一つずつ剥がしてよく洗い、

ホイルで包んで焼いてみました。
左がシンテッポウユリ、右がヤマユリです。

まずはヤマユリから。
……(≧~≦*)美味しい
ホクホクシャリシャリして、ジャガイモとクワイの中間みたいな感じですね。ほんのりと甘く、エグみはあまりありません。
市販の百合根とほぼ変わらない味です。

続いてシンテッポウユリ。
……(`・~・´)おっ、こちらは対照的にポクポクネットリとしてるけど、これはこれで……
あ! ダメだ、後から苦味出てきた! 
うわー苦いエグい、これはしんどい(;´Д`)

シンテッポウユリ、どうもかなりアクが強いようです。これは一度下茹でしてアク抜かなきゃダメだな。。


というわけでアク抜き処理をしてから、薄味で煮てみました。


……(´・~・`)うーん
ヤマユリは文句なく美味しいですね。シンテッポウユリは……やっぱりまだちょっと苦いな。
気にならない人もいるかもってレベルですが、ヤブカンゾウのアクでもお腹を壊してしまうぼくにはちょっと厳しいです。
ただこちらも、食感的にはねっとりとしていて捨てがたいです。あと、エグミの影に隠れてるけど甘みもかなりあるっぽい。例えるならエグみの強いインカのめざめ……いやそこまで甘くはないけども


こうなったら……揚げてやる!

……(`・ω・´)うむ、ようやく良い感じになりましたね。
揚げてもホクホクネットリ感が消えず、表面のクリスピーさと相まって非常に美味です。
塩コショウふってビールのアテに良いね! IPAと合わせると苦すぎて頭痛くなりそうだけど。

結論としては「一度下茹でして、水にさらしてから揚げる」のが一番美味しいと思います。普通の百合根よりこっちのほうが好きだってひともいるかも知れない。

味:★★★☆☆ 
入手難易度:★☆☆☆☆
 関東じゃ今やどこでも見かける存在。


最近じゃ一周回って悪役令嬢がヒロインなのが流行りらしいですが、皆さま是非この悪役百合子ちゃんを食べてみてください。
あと食べなくてもいいから、敷地内に生えたやつは種子が熟する前にカットしちゃってください。花のうちに切って生けちゃえばよいよね。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
植物
スポンサーリンク
茸本 朗をフォローする
野食ハンマープライス

コメント

タイトルとURLをコピーしました