ガンゾウビラメとミシマオコゼ

シェアする

☆★☆★☆
ビッグコミックスペリオールにて
「僕は君を太らせたい」
連載中!
★☆★☆★

作品公式Twitterはこちら!




福岡で野食会やります! 
現在参加お申込み受付中です。。

いつものパターンだと、確実にご参加いただくには「持ち込み枠」にて申し込まれるのがいいと思います。たぶん手ぶらはすぐ満席になると思います。






おはようございます(`・ω・´)筆が遅すぎてcakesの記事公開が明日にずれた茸本です。
編集Iさん、そして読者の皆様まことに申し訳ないです。次回からまたちゃんとやっていきます。

そういうわけで、こちら(ブログ)のネタも急遽差し替えまして、蒲郡の魚の残りネタを片付けちゃおうと思います。各位よしなにどうぞ。

広告
広告

ガンゾウビラメはまるでカレイみたいに美味しい

ガンゾウビラメという魚がいます。


簡単に表現すると「SDヒラメ」みたいな感じで、丸っこくてうすべったくて、あと小さい。
よく、15㎝くらいのものを何十枚かを干物にして、藁ひもに通して束ねて売っているのを見ます。
カッチカチに干してあるのですが、木づちで叩いてから焼いて食べるととても美味しい。マヨネーズがはかどります。

なんですけど、今回西浦で見つけたのは25㎝をはるかに超えるサイズ。
こいつこんなデカくなるんか……
お姉さん、これガンゾウビラメですよね?

「ガンゾウガレイ、な!」

……怒られてしまった(´・ω・`)
調べたところ、関西方面ではガンゾウガレイと呼ぶようです。愛知は関西と同じなんやね。
確かにサイズはカレイサイズですが、ヒラメに近い仲間ですし目も左寄りです。


持ち帰って食べてみました。


驚いたのは刺身のうまさ!
身が薄く肉量は少ないのですが、コクがあって、独特の藁っぽい香りもわずかにあります。
イシガレイに似ていますね。


煮つけやムニエル、一夜干しにもしましたが、加熱すると身がホクっと崩れるのがまたいいですね。
あと皮が美味い。ゼラチン質は少ないけど、鄙びた良い香りがあります。

下のやつ


とくに干して焼くと秀逸。

ヒラメと同じく夏は味が落ちるようですが、ヒラメと比べるとはるかにマシです。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆

ミシマオコゼ

あンこら


みんな大好きスターゲイザーさん。

ヅラが大変似合う顔をしていますね。


捌いていて目立つのがめちゃデカい肝。
思わず肝和えにしてしまいましたが……


……あん肝系だな。脂は多いけど、生だとクセがあってあんまり美味しくない。
これは鍋やみそ汁で映えるタイプですね。


身の方は、一夜干しが秀逸でした。

上のやつ


よくフグに例えられる、強靭でさっぱりした身がこの魚の身上ですが、意外なほど皮目に脂がのっています。
そして皮自体がとてもゼラチンたっぷり。脂と合わさってとろける~!

鱗とらなくても気にならないのがいいですね。

味:★★★☆☆
価格:★★★☆☆

から揚げにして

味噌掛けて食べたらめっちゃうまかった

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告