蒲郡の「深海だこ」柔らかくてやたら美味いと思ったら……

シェアする

☆★☆★☆
ビッグコミックスペリオールにて
「僕は君を太らせたい」
連載中!
★☆★☆★

作品公式Twitterはこちら!




福岡で野食会やります! 
現在参加お申込み受付中です。。

いつものパターンだと、確実にご参加いただくには「持ち込み枠」にて申し込まれるのがいいと思います。たぶん手ぶらはすぐ満席になると思います。






蒲郡、形原漁港直売所でカブトエビを購入したら、お店のお姉さん(年上の人はいくつになってもお姉さんと呼ぶ主義)のホスピタリティスイッチが入っちゃったみたいで売り物を次々と試食させてくれました。

ヒウチダイ美味かった


まあね、平日の朝からこんなとこぶらぶらしてるの、川崎から来たライオンズユニのおじさんくらいなもんだからね、相手してあげないとかわいそうだなって思ってくれたんでしょう。

水揚げ直後に処理をした新鮮食材ばかりなのでどれもとても美味しかったのですが、その中でも、

パック詰めのタコブツをいただいたときはあまりの美味しさに衝撃を受けました。


なんぞこれ……柔らかくて柔らかくて、旨味たっぷりのエキスが受話っと出てきて、そしてなにより柔らかい!
こんなに柔らかいタコブツは食べたことがありません。これ、茹でただけなんですか?

「茹でただけよ! 蒲郡のね、深海のタコなのよ」

深海だこ……すごいな、なんて種類なんだろう。まるでミズダコのように柔らかいですね…

「あ、これもミズダコよ」

なんですと!?
え、ミズダコって東北地方とか北海道に行かないと獲れないんじゃないの?

「それがねぇ、このあたりの深海にはミズダコがいるのよ~」

調べてみると、どうやらミズダコの棲息南限ははっきりしておらず、東京湾海底谷で獲れる巨大なタコもミズダコなんじゃないかと言われているそうなのです。
そこからこの三河湾の入り口まではまだ距離があるけど、まあミズダコがいるとしてもヘンではないか……

何より、ミズダコと言えば最大3mにもなる世界最大のタコ。
このサイズのものが流通することはまずないので、それも気づかなかった理由でした。
まあ、深海底引き網だとサイズを選んで獲ることができないから、小さいミズダコが混獲されてしまうのはやむを得ない部分でもあります(底引き網は基本的に環境にはあまりよくない漁だとされています)。
獲れちゃったものは食べるしかない、というわけで茹でダコにして売られているのでしょう。

広告
広告

ミズダコの天ぷら、美味すぎワロタ


持ち帰ってきた“深海だこ”。

このまま食べてもめちゃんこ美味いのですが、今回はこれを

右半分


天ぷらにしてみました。

……(≧〰≦)
じゅーしィィィィィィ!!

一口齧っただけで旨味とタウリンが全身をめぐってしまいそうな旨さです。
あれだ、ミズダコの天ぷら、マダコの天ぷらとは全く別ベクトルで美味いですね。
マダコは生で天ぷらにするのがいいけど、ミズダコは茹でてから揚げるのがよいかもですね。めっさ油撥ねるけど……

味:★★★★★
価格:★★★★☆

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. より:

    薄衣でめちゃ旨そう

  2. 岡崎 より:

    いつも興味深く、楽しいブログを拝見させて頂きありがとうございます。
    私は八王子市に在住しておりますがよく沼津からプレジャーボートを出し中深場釣りをしております。丁度去年の今頃に沼津で鬼カサゴ釣りをしてる時に水深160mくらいの場所で8kgくらいの立派な水ダコを釣った事があります(タカアシガニ2匹も同日に)駿河湾のしかも内湾で釣れた事にびっくりした覚えがあります(笑)

    何かブログネタのお手伝いを出来たら光栄ですので沼津での釣りに興味がございましたらいつでも声をかけて下さい^ ^