イカメンチにイカスミを入れるとブラウニーになってしまう問題について

シェアする

今回イカをいただくにあたり、てーぼーさんからちょっと意外な話を聞きました。
それは

「ケンサキイカは墨が美味い」

というもの。
イカ墨はパスタに使われるなど、食材としての知名度は高いですが、よく利用されるのはコウイカ類、そしてスルメイカ。ケンサキイカはそれほど聞いたことがありませんでした。
しかし実際に捌いて、墨袋を取り出して見ると……

なるほど、スルメイカよりも墨袋が大きくて、かつ取り出しやすい。
実際に料理に使ってみても

コウイカほどのコクはありませんが、悪くはないです。
もっと色々試してみたい。

ということで作ってみました。

広告
広告

ケンサキイカの墨入りイカメンチ

今回作ってみたのはイカメンチ

イカメンチと言えば静岡県網代、と言われていますが、実は青森県津軽地方にもご当地グルメとして存在しています。(というかこちらが元祖…?)
作り方にも違いがあり、網代のものは「アジで作ったさつま揚げにイカが入ったもの」という感じですが、津軽のものはイカとツナギ、野菜のみで作るのでよりイカ度が高いです。

今回は野菜も入れず、イカとツナギだけで作ってみましょう。
使うのは、ケンサキイカの

足と軟骨部分。
イカメンチの魅力であるコリコリ感を存分に出していきましょう。
半分を包丁で刻み、残りはフードプロセッサーですり身にします。

それから

卵巣。
少量の薄力粉と練ると強い粘りが出るので、練り物の時は重宝します。味もいいしね。


そして墨袋。
あと鶏卵をひとつ。


これらをウォーッとまぜて


……イカスミ入りの料理を最初に作った人って、相手を呪い殺そうとしてるって誤解されたりしなかったのかな?

油をひいたフライパンで揚げ焼きに。

できた!
一口サイズに切りましょう。


……!
これは……ブラウニー!?


イカの切り身がまるで刻んだクルミみたいに見えますね。
もしやお味の方も……

……イカですね。当たり前だけど。
限りなくイカそのものに近いさつま揚げ、という感じ。

件のイカスミですが、やっぱりまったりまろやかであんまり味が強くないですね。もしかして加熱すると風味が逃げちゃうタイプの墨なんだろうか。
そのままだと物足りないので七味マヨネーズをつけて食べたらちょうどよくなりました。

味:★★★☆☆
価格:★★★☆☆


ケンサキイカ、やっぱり普通の刺身がダントツ美味いわ。無理していろいろやんなくてもいい感じ。
1、2日は刺身を楽しんで、あとは一夜干しにして冷凍してちびちび食べたいですね。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. エレハイム より:

    やってみたいー!
    今年は地元に泳いでこなくてションボリしています。沖漬!キムチ和え!したかったっす!(´;ω;`)