苦いようで苦くない、ちょっと苦いニガウリ「カックロール」を食べてみた

シェアする

☆★☆★☆
ビッグコミックスペリオールにて
「僕は君を太らせたい!」
連載中!
★☆★☆★

作品公式Twitterはこちら!




先日、山梨県内の道の駅を冷かしていると、野菜直売コーナーで不思議なものを見つけました。


苦くない、ニガウリ……!!?
とても哲学的です。禅問答みたいなものだろうか。

説明をよく見てみると、このカックロールという実は、バングラディシュ原産の野菜で、ニガウリの近縁種なのだそうです。
果皮、果肉ともに苦みが弱く、まるごとスライスして使えるとのこと。
栄養価もニガウリより高いそうですが……

なんにしても、食べてみないことにはわかりません。
購入して試してみます。2個で100円ちょい、安い……!

広告
広告

カックロールを食べてみた


持ち帰ってきたカックロール。
見た目はとげとげしいですが果皮は柔らかく、触り心地はいいです。
ゴム製のような張りがあり、なんていうか大人のお【コンプラ】


本当に苦くないのか、試しにごく薄くスライスして、生のまま試食してみると……

……うん、これは、塩もみして水にさらしたニガウリと同じくらいの苦み!
生のまま、しかも果肉ごと食べてこれ、確かにかなり苦みは弱いです。ただ、ないというわけではないですね。


このカックロール、バングラディシュではカレーに入れられることが多いそうですが、せっかくなので和風に食べてみることにします。
お店のおすすめは肉みそ炒めということで、


カックロールはまるごとスライスし、

豚小間と一緒に炒め、味噌・みりん・砂糖で味をつけて炒め煮にします。

できた。
いただきまーす

……(≧〰≦)
なるほど、これは確かにおススメできる味!
果肉ごと調理することで、果肉がトロっとなり、苦みが味噌と合わさってなんだかアケビの皮の肉みそ炒めみたいになりますね。
やや甘めの味付けが合うと思います。


ニガウリに倣ってチャンプルーも作ってみました。


……(`・〰・´)
うん、これも美味しい!


さっと炒めると、果皮の部分はパリッとした食感が残る一方、果肉部分がキュウリやズッキーニみたいにコリコリした食感になって面白いです。
心地よい苦みも残っていて、チャンプルーのカツオが利いた味付けとよく合います。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆



こういうファンキーな野菜と出会えるのが、道の駅の素晴らしいところ。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告