ヨリトフグは「肝入り」汁にすれば他のフグを超える味

シェアする

サイコパス男が可愛い女の子に変なものを食べさせまくる(←語弊)野食サバイバルギャグ旅漫画「僕は君を太らせたい!」第2集発売中です! ご購入は↓のリンクからどうぞ!!



電子書籍での購入はこちらのページから!!↓↓






その肝の美味さに思わずうならされた“深海のバレーボール”ことヨリトフグですが、実際のところその食味評価は往々にして
「まずい」
「食う必要がない」
と散々です。

それはなぜか。
その理由を実感すべく、刃の付け根についている筋肉(=魚の筋肉の中で最も強靭で歯ごたえがある)を切り出し、そのまま刺身で食べてみました。


……( ̄▽ ̄;)
これは……ぶよぶよで頼りない……
そう、このヨリトフグ、「水フグ」と呼ばれることもあるくらい、全体的に水分が多くて頼りないのです。

解体中も、その身の水っぽさは痛感させられています。皮はデロンデロンだし、筋肉もあまり張りがありません。
水分が多いために商品価値の低いシロサバフグと比べても、こちらの方がはるかに水っぽさが上です。
これでは刺身にしても全く楽しめないでしょう。


しかし、だからと言ってこのフグを打ち捨ててしまうのは非常にもったいないです。
ちゃんと美味しい食べ方はあります。

広告
広告

ヨリトフグの鍋はトラフグをも超える!?

前回の記事でも紹介した通り、ヨリトフグは愛知県蒲郡周辺では古くから食用にされてきました。
くだんの検挙されたスーパーでも長らく販売されてきたのですが、販売形態は「ぶつ切りパック」でした。

重い


当地ではこのフグを「チョウチンフグ」と呼び、ときに皮ごとぶつ切りにしてそのまま売られているそうです。
これをそのまま汁に仕立てれば大変結構なおかずになるというのですが……
さっそく、試してみることにしました。



解体したヨリトフグ。
これらのうち皮、肝、筋肉を用います。
それぞれをぶつ切りにして


まず筋肉と皮を、昆布だしと酒でじっくりコトコト煮ていきます。


十分にフグの出汁が出たら、肝を投入。
最後にネギを入れて、醤油とみりんで味を調えます。


ヨリトフグ汁の完成!
食べてみましょう。。

……(≧〰≦)ムハー
これは美味い!
筋肉はやはり多少頼りないですが、汁に仕立てることでほろりと崩れる質感が上手く活かされています。


頭部の肉は繊維質、尾よりの肉は舌触りが良く、いずれからも非常によい出汁が出ています。
骨も柔らかくてとても食べやすいです。


皮は火が通るとプリンプリンになって、非常に柔らかいゼリーのようになります。
ゼラチン質が汁に溶けだして味のコクを与えていますね。


そして何より素晴らしいのは、肝から出る脂!
アンコウとカワハギの肝のいいとこどりのような感じで、汁全体に広がる香りがたまりません。
肝を使うのは他のフグでは絶対にできないことなので、ある意味ヨリトフグだけの贅沢と言えるでしょう。まあこれも自分で釣らないことにはできないんだけど……



残った汁で作る雑炊が、またメタクソ美味いんだなぁ……

味:★★★★★
価格:★★★★★


いやーしかしヨリトフグ、大変美味しいけど、もし「肝は使っちゃダメ」って言われたら残念ながら魅力は半減、いやそれ以上ですな。
もちろん肝なしでも十二分に美味しいけど、この魅力を知ってしまったら……

……また釣るしかないな。。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告