チリメンモンスターならぬ「サクラエビモンスター」を食べた(ワニトカゲギス編)

シェアする

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
cakesにて茸本朗の連載
野食ハンターの七転八倒日記
が始まりました!

野食失敗体験を中心に、ブログとはちょっと違った切り口の記事を公開していく予定です。
合わせてお楽しみいただけると嬉しいです。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


昨日に引き続きサクラエビモンスターの記事なんですけど、今日のはマジもんのモンスターです。

ダーダン♪
ダーダン♪

ダーダンダーダン♪
ダンダンダンダン
ダンダンダンダン



ギャー!!!!

広告
広告

【朗報】ワニトカゲギス

出オチをお楽しみいただきましたところで、本日の特選食材はこのモンスター顔の御仁です。

一体なんて名前の魚なのか、たつろー先生に見せていただいた資料で確認してみると……

・鱗が目立つ
・細長い

・短い1本のひげ
・上あごに凶悪な犬歯

……これ、ワニトカゲギスじゃん!?
古谷実先生の漫画のおかげで名前だけはよく知られているけど、その実態を知る人が全然いないというアレ。

ワニトカゲギス目というグループの代表種で深海ではそれなりの勢力を保っているようですが、いかんせんサイズが小さいため、釣り人には無視され漁師には捨てられる不遇の魚です。

この顔で1mくらいあったら、深海でも天下獲れるし、人間社会でもスターダムにのし上がれそうな気がするのに、大変残念です。
リドリースコットが大喜びでサクラエビ漁船に乗りに来るでしょう。

エイリアン顔といえばワラスボが有名ですが、

「野食のススメ」第9回の記事が公開されました。 ↓↓ ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 星海社Webサイト「ジセダイ」...

あれよりもこのワニトカゲギスのほうがイイ顔してると思うんですよね。
カワイイ……食べちゃいたい……

【悲報】ワニトカゲギス、まずい

というわけでさっそく食べちゃいましょう。

鮮度がやや心配ですが、取り急ぎサクッと刺身にします。
サヨリみたいな身ですが、もっと透過度が高いです。ってか半透明ですね。


なんちゃって活造り。やっぱり顔を活かさないとね!


いただきマース

……Σ(´×Д×`;)
オゥッこれは……クッソまずいですねぇ……
ちょっと悪くなったアカエビのミソを海水に溶いてゼリーで固めたみたいな味です。
臭い、しょっぱい、苦いの三重苦。
身がかなーり水っぽいうえ、深海の冷水ゾーンに棲息しているため鮮度の落ちが激しいのでしょう。
軟体類と違い、こちらは商品化するのは難しそうです。


念のためフライパンで焼いてみましたが、


身がぼろぼろになり張り付いてしまいました。
味は完全に塩化アンモニウムです。サルミアッキ味のサケガシラってカンジ(白目)

味:★☆☆☆☆
価格:★★☆☆☆



サクラエビが口にいっぱい入ってたんで、おそらく常食しているんだと思うのですが、それでもこんなにまずいんだからよくわかりません。
虫なんかあんなに食べてるものの味が反映されるのになぁ……もうちょい頑張って欲しい。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告