仔メナダのままかり風がめっちゃ美味な件

シェアする

「僕は君を太らせたい!」第3集が今月30日に発売になります!!
ご予約はこちらから↓↓

ぜひ是非お願いします!


★☆★☆★☆★☆★
櫛田川野食会、持ち込み枠・手ぶら枠ともに参加者募集中です!!
2019年9月21日 12:00~ @松阪
詳しくはこちらの記事で!
★☆★☆★☆★☆★


今回の福岡滞在でもまた有明海で遊ぼうと思い、みっきーあいるさんと小宮さんに案内をお願いしていろいろ連れて行ってもらいました。お二人ともありがとうございました!

はじめに向かったのは熊本の某港。
狙いはヒラ、釣りでバシッと仕留めてやろうと思っていましたが……

みっきーあいる先生「今日は潮が低くて釣りになりませんね、網の方がいいでしょう」

というわけで小宮さんのリーサルウエポン、投網の登場と相成りました。

最近はエツ漁師としても活躍中の小宮さん、界隈では投網マスターとしても知られており、高い投点からふわりと放られる網の美しさには定評があります。
あと年季の入ったズボンとサンダルが東南アジアの漁師感をめっちゃ醸し出します。ベトナムのあの傘かぶってほしい。


投網にはたくさんの魚が入りました。ヒイラギ、マハゼ、ヒラメにワニゴチ、シラタエビ……

リリース


こちらもリリース


その中でももっともテンションが上がったのがこの

上がメナダ、下がボラ


メナダ
ボラの近縁種で見た目が似ています。
以前大きいものを入手し刺身にしたことがあるのですが、そのうまさに感動させられた思いで。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ cakesにて茸本朗の連載 「野食ハンターの七転...

夏が旬の白身魚の中ではトップクラスの美味なのではないでしょうか。
今回採れたものは大きくても20㎝程度ですが、たくさん採れたのでいくつか持ち帰ってみることにしました。

広告
広告

仔メナダ、酢締めが超美味い

左がメナダ、右がボラ(たぶん)。脂瞼の有無で見分けられないこともない、難しいけど……


持ち帰ってきた仔メナダ。
ボラはこのサイズだとイナと呼ばれますが、メナダはどうなんでしょう。そもそも出世魚なのか?

とりあえず3枚におろしてみますが……どうもやや水っぽいようです。
大型になると身質がキュッとしまって美味しそうなのですが、仔魚はそうでもないでしょうか。

このままだとあまり美味しくなさそうなので……

強塩で締めて

さらに甘酢につけてみました。岡山名物ママカリのイメージです。


できた。
いただきまーす

……(≧ω≦)うわっうまっ
身が締まりながらも、噛むとふわっとほぐれるような柔らかさがあり、全体に強い旨味があります。
皮目に脂があるようで、コクのある甘みが口の中に広がります。
皮はやや硬めですが、切れ目を入れておけば食べやすくなります。なによりこの皮のおかげで青物(光物)と白身魚のいいとこどりみたいになっていて素晴らしいですね。
コハダとカスゴの合いのこのような感じです。

同じサイズのボラも試してみましたが、皮が柔らかい一方で身にはより水っぽさがあり、締めても味がややぼやけるような気がします。
栴檀は双葉より芳し、メナダは仔魚の時からボラを圧倒する旨さなのでしょうね。


酢飯との相性もばりよかとです!
寿司にするときは皮目の硬さを解消するためにちょっと長めに酢に漬けた方が良いでしょう。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆


メナダはボラにそっくりなので知らない人からは軽んじられますが、実際はめちゃくちゃ美味しい魚です。個人的には有明海の魚で一番美味しいと断言できます。
ボラ同様釣るのは簡単ではないですが、チャンスのある人はぜひ狙ってみてください。ぼくは今後も小宮さんの投網に甘えます。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告