釣り

野食

2015川崎シリヤケイカ開幕に先駆けて去年のイカ釣りを回想する

4月になると海中も徐々に春めいてきて、ウミタナゴやら乗っ込み(産卵のために接岸すること)のクロダイやらの話題が盛り上がってくる。 僕の住む川崎でも、戻りガレイの終焉とともに浅瀬での年無しクロダイの釣果が聞かれ出した。 川崎から横浜北...
魚介その2(魚以外)

抱卵青イソメは美味いのか

先週末、川崎の某釣り公園にスズキ・カレイを釣りに行った。 これらの魚を釣るときは、動きで魚にアピールする青イソメとあらゆる魚に聞く蠱惑的なニオイを持つイワイソメの2種類の餌を用意し、竿を数本出して遠近探り分けるのが基本となる。 安価...
野食

ウミケムシを食べてみた

★☆★2016年にも食べたよ⇒ウミケムシを串焼きと刺身で食べてみた ホウボウが釣りたくなって西伊豆に遠征してきた。 水深のある砂泥底の漁港で、半夜で狙ったのだが残念ながら本命とは出逢えず。 代わりに竿を揺らしたのが、黒&白のア...
スポンサーリンク
野食

煮つけを焼く?メバルの「はぶて焼き」を作った

人間の餌としても非常に有用だったトウゴロウイワシだが、釣ったものを数匹活かしておき、日没後にそれを餌に付けた胴突き仕掛けを沈めていると まあまあ型のいいメバルが掛かった。 このサイズならまずは刺身!となるのだが、今回はメバルで試...
野食

トウゴロウイワシの背越しは美味しい

週末、西湘の某港に根魚釣りに行った。 最近カサゴとの相性がよいので、今回もそのつもりで行ったのだが、肝心のブラクリを忘れてしまった。 ブラクリとはカサゴなどの根魚を釣るために作られた、錘と針が一緒になった釣りの仕掛けで、こいつがない...
野食

バラムツとアブラソコムツで人生を台無しにしかけました:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル②

2015.4.23写真追加 昨日の記事で「ドクヤマドリは2切れまでなら食べても大丈夫らしい」といった旨のことを書いたが(試すなら自己責任で)、魚にも摂取量上限が存在するものがある。 そう、誤食事件や偽装などもあって有名になった深...
野食

新幹線みたいな頭をしたハゼ「ドロメ」を食べた

穴釣りの最中、穴探しに煮詰まって足元の水深10cmほどの穴にブラクリを垂らしてみたら、変わったハゼが食いついてきた。 大きさは15cmほど、カラーリングや胴体の見た目はヌマチチブなどのいわゆる「ドンコ」なのだが、大きく違うのはその顔。...
野食

ゴンズイといえば「サンバル焼き ココナッツソース」でしょ!

ゴンズイは冬の釣り物だということが、僕の中で完全に確定した。 夏の夜の入れ食いモードもそれはそれで楽しいものだが、冬の夜、寒さに耐えながら時折訪れる小さなアタリを取って合わせる釣りが非常に楽しい。 また、冬の夜は型が揃う。
野食

ダイナンギンポを刺身で食べてみたけど…

首都圏近郊に暮らしていると、この時期のアウトドアはほぼ海に限られてくる。(狩猟免許のある人は別ね) 山菜やキノコも0になるわけではないが、選択肢が非常に少なくなり、労力・お金をかけて行く気になれない。 特にキノコの場合、この時期はも...
野食

イカに振られてシコイワシ祭り

今年こそは岸からヤリイカを釣りたいと思っている。 わが実家である東伊豆周辺の港では、今年もヤリイカが回遊してきたようで、特に年末年始はなかなかの好釣果に恵まれたという。 これは是非トライしてみないといけないと思い、仕事初めも一段...
タイトルとURLをコピーしました