ヒザラガイで割とリアルに死にかけた話:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル③

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
星海社Webサイト「ジセダイ」
「野食のススメ 東京自給自足生活」
を連載しています!!

yashoku_topFeature01
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




食べられないキノコで中毒した話食べてはいけない魚で大変な目にあった話に続いて、食べられるはずなのにひどい目にあった話をひとつ。

3年ほど前の春、横浜・海の公園で潮干狩りを楽しんでいると、岩礁帯に張り付く生きものが目に入った。

ヒザラガイ

色が濃い目のタイプ


ヒザラガイである。
どんな磯やテトラポットにも住んでいる彼らだが、どうやら美味しいらしいということをネットの記事で読んで以来気になる存在であった。

比較的なめらかな岩肌にくっついている個体を探し、熊手の刃を接着面に当ててみたところ、比較的容易に剥ぐことができた。
大小いくつか採取し、持ち帰ってみることにした。

 

ヒザラガイの下処理は大変

ヒザラガイは貝界のダンゴ虫とも言われるように、8枚の殻で背中を覆うようにして身を守っている。
その上から丈夫な膜で体を覆っているのだが、下処理の時にこれらのものをはがさなくてはならない。

ヒザラガイ,料理,アレルギー

肉は明るいオレンジ色


まず、採取してきたヒザラガイを水洗いして汚れを落とし、熱湯にくぐらせる。
そして、親指の腹でこするようにしながら外皮をこそいで落とす。
さらに、肉に食い込むようにくっついている殻を、一枚ずつ丁寧に剥ぎ取っていく。
この工程がなかなか骨が折れる。
気を付けないと自分の爪がはがれてしまうのだ。
ヒザラガイ,料理,アレルギー

オームみたいになればOK


無事、外皮と殻を剥がし終えたら、裏側から包丁を入れて内臓をくりぬいて下ごしらえは完了。
あとは蒸すなり炊き込むなり、何でも美味しい、と聞いていたのだが…

まさかのアレルギー発症

ヒザラガイ,料理,危険

味は大変良かったんですがね


刻んで酒蒸しにしたヒザラガイを食べてみると、アワビをしっかりとさせたような歯ごたえに磯の香りがあいまって、予想以上においしかった。
どこにでも生息しており、タダでいくらでも採れる食材としてハンティングリスト入りも確実、と思われた。

しかし、食べ続けているうちに、だんだんと顔が火照ってきた。
初めは酒のせいかとも思ったのだが、やがて顔全体が非常に熱くなってきたところで何かがおかしいと気付いた。

続けて耳の中がかゆくなり、我慢できないほどになったところでアレルギーを確信した。
自分はアレルギー体質で、普段はダニやハウスダストといったアレルゲンに反応するのだが、ときどき普段口にしない食材でアレルギーを発症することがあった。(セレベスとか)
これまで魚介類で発症したことはなかったので油断していたが、もともと貝類はアレルゲンとしてはかなり一般的なもの。
ヒザラガイで発症したとしても何の違和感もない

慌てて食事をやめ、強めの抗ヒスタミン剤を飲んだのだが症状は強まる一方。
今度は視界が狭くなってきたと思ったら、上下のまぶたが水風船のように腫れあがり、文字通り目が開かなくなってしまった。
顔全体もアン○ンマンのようにパンパンになり、充血のあまり破裂しそうになっている。

しまいには喉がヒューヒュー鳴り出した。ぜんそくの症状だ。
ここでもう対処をあきらめ、布団にもぐって早々に寝てしまうことにした。

のちにこのときの話を、医者の友人にゲラゲラ笑いながらしたところ、
「もし自分の患者だったら、呼吸器に影響が出たところで生命に危険が迫っていると判断して強制入院させる。」
と半ギレ気味に言われた。
あの時二度と目が覚めない可能性もあったわけで、思い出しても背筋が凍る。

このときは幸いにして翌朝目を覚ますことができたが、顔の火照りとまぶたの腫れは一向に引いておらず、井岡戦の後の八重樫東のような顔のまま出勤する羽目になった。
アレルギーの症状が完全に収まるまでに1週間ほど要した。



野食は危険と隣り合わせ

後日、今度はアメフラシを食べたのだが、やはり同様の症状が発生した
軟体動物のうち、特定の種類ではアレルギーが発生するようだ。
ただそのときは「アレルギーがあるかも?」と思って味見程度にとどめておいたので、あまり重篤な症状が出ずに済んだ。

アレルギーの発症の要因については、
1.食性
2.生息海域の問題
のどちらかだと思われるが、個人的には食べている海藻または藻類にアレルゲンがあるのではないかと思っている。

今のところ巻貝と二枚貝ではアレルギーは出ていないが、サザエやアワビ、トコブシといったメジャーな食用貝でも、今後症状が出ないとは限らない。
大事なのは彼らが何を食べているかで、それが分かっていない場合はどんな生きものも食べて安全だと断言することはできない。

何でもかんでも採って食べてやろう、というのがこのサイトのコンセプトだが、身体が資本の体当たりレポート、今後も細心の注意を払って活動を続けていきたいと思っている。

 
 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA