ハコフグは丸焼きで十分美味い

ハコフグが美味しいということを知る人は、おそらくこの10年で爆増したのではないだろうか。
11425498_1071416959540004_7065792907161223519_n
長崎の五島地方の漁師料理「ハコフグの味噌詰め焼き」は様々なメディアで紹介され尽くし、今や好事家にとって垂涎のメニューとなっている。
このためだけに飛行機に乗って五島に渡る人がいるとも聞く。

ハコフグはふつうのフグ同様、フグ調理師免許を持っている人しか市場で買うことはできない。
そのことがハコフグ料理のレア度に拍車をかけている。

しかし、実は彼らは素潜りや釣りで比較的簡単にゲットすることができる。
特に、枝スの短いカワハギ仕掛けを使った釣りでは、かなりの確率で型を見ることができると思う。
11390278_1071416932873340_2
餌はカワハギと同じでかまわないが、時にカメノテにアタリが連発することがあるので試してみるのもわるくないだろう。

 

ハコフグにも毒がある?

さて、釣れたハコフグを料理しておいしく食べたいと思うのだが、ひとつお伝えしておかなければならないことがある。
NCM_1357
それは「ハコフグにも毒をもつ個体がいる」ということ。

いわゆるフグ毒は、摂取した餌の中にある毒性分をフグが蓄積・濃縮したものであるが、ハコフグにもその能力をもつものが存在することが近年判明した。(パリトキシン)
特に肝臓を珍重するハコフグ料理では危険性が増大する。

重傷には至らなかったものの実際に中毒事故も起こっており、食べるときには「自己責任」という冠詞をつけざるを得なくなっている。

ここの読者に念を押すのは全くの杞憂だと思うので改めては言わないが、重々ご承知おき頂きたく候。

ハコフグの「丸焼き」

NCM_1429
というわけで、TTXに中らないことを神に祈りつつ調理にすすむ。
とは言え「味噌詰め焼き」は正直なところ食べ飽きてきたので、今回は別の究極のメニューに挑戦してみよう。
ずばり「丸焼き」である。

作り方はまず、魚焼きパンのうえにハコフグを置く。
NCM_1430
蓋をして弱火で30分ほど焼く。
NCM_1442
以上!

…適当すぎるんじゃないかって?
そんな奴はこの
NCM_1447
NCM_1449
美味しそうに焼けた身を見てみるがいい!

すごい適当な料理に思えるが、この強固な殻が蒸し器の役割を果たすので、水分が抜けずにふっくらと仕上がるのだ。

塩をつけて、いただきマース
NCM_1453
…(≧~≦)
味噌詰め焼きも美味しいけど、身自体を味わうなら絶対にこちらの方がいい。
ふっくらと蒸し上がった身はぷりぷりとして濃厚、フグとカワハギの中間的な味わいでとても美味しい。

そして肝。
こちらはというと、残念ながら焼ける間に溶けて嵩が減ってしまった。
ハコフグの肝は他の魚と違い、冷蔵すると固くなり、加熱すると溶ける。
つまり、魚の肝と言うよりはフォアグラに近いと言える。

焼くときに上下逆さにすると、溶けた肝が身に絡んでおいしいかもしれないが、そうするともし腸から内容物が出てしまったらすべてが台無しになってしまう。

ちょっと手間ではあるが、焼く前に、味噌詰め焼きと同様に腹部を丸く切り取り、腸だけ取り出してまた蓋をして丸焼きにする、というのが一番良いかもしれない。

まあ、めんどいから僕はそのまま焼くけどね。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆

 
 
 

コメント

  1. ユー より:

    このハコフグを食すために度々江ノ島にかよっています
    江ノ島の常連たちは釣ったら持ち帰るのかとおもいきや、みんなリリースですね。
    持って行こうとすると変な目で見られるときが未だありますw
    いきなり黄金伝説という番組で、食べれるというのはかなりひろまったようなんですけどね。

    まれに食生によるものか、毒をもっている個体がいるみたいですね
    厚生労働省によると神奈川県だと1件だけ、西のほうでウミスズメによる毒の記録がありましたが、いつのまにかリストから消えていました
    やはり南方になるほど、毒持ちが多いみたいですね。

    丸焼き、次回釣れたら試してみます

    • wacky より:

      江の島周辺では漁師さんを中心に良く食べられているようですね。
      何も知らなければ「こんなカタい魚どこ食べるの?」と言ったカンジでしょうし、不用意にクーラーに入れておくと他の魚もすべて生臭くなってしまうので、敬遠する人も多いと思います。

      毒に関してはモノがモノなので、少しでも可能性があるなら食べちゃいけないのかなぁとも思いますが、これまで何十匹と食べてきて問題なかったので今も食べてます。
      丸焼きにするときは新鮮なものじゃないと身が溶けちゃうので気を付けてくださいね!良かったら感想お待ちしてます!

  2. おいなりぴょん より:

    昔、茅ヶ崎の漁師さんが焚き火にハコフグを放り込んで
    丸焼きにして食べていました
    美味しいと言うのですが、ビジュアル的に食欲が湧かず
    今現在まで食した事がありません

    五島列島の福江島に行った時に、
    スーパーの鮮魚売り場に薬味等を混ぜた身をお腹に戻され
    後は焼くだけの半調理済みのハコフグが
    何十匹も並べられた光景に出会いました

    う~ん 一度は食べておくべき魚なのかなあ?

    • wacky より:

      ビジュアル的には確かに、気持ち悪いというよりは可愛らしすぎて食指が動きにくいかも…?
      でも味は抜群ですからね。毒のことはあれど…

      その状態で売られているとは!五島では本当にハコフグ料理は愛されてるんですね。
      ぜひ食べてみてください!と言いたいところですが毒が毒なので…でも、感動できることは間違いないですよ!

  3. せつな より:

    以前は焚き火に入れて何度か食べたんだけど、やっぱり関東は焚き火自体が規制される場所多くてダメね。
    香ばしさも加わるから旨いですがね。塩もいらなかったなぁ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA