ツムブリはアジ科で一番過小評価されている

 
ビッグバナー

外房・勝浦の朝市新鮮広場で見かけたツムブリを購入した。

ツムブリ,鱗

背中の青がイカす


持ち帰って計測すると87㎝、4㎏ちょいだった。
ブリやヒラマサではこのあたりのサイズが一番おいしいらしいので、期待が持てる。

ツムブリはブリとついているがブリの仲間ではなく、単独でツムブリ属を構成する。
ツムとは機織りや糸撚りで使われる紡錘型の糸巻のこと。

紡錘(google画像検索結果)

ツムブリ考察

実物を見るのは初めてだが、確かにブリやヒラマサとはかなり印象が異なる。
一言で言うとカッコいい

背鰭基部を軸に線対称な紡錘形、後方に長く伸びる尾鰭、そして縦に走る水色のライン。
生きているときは黄色のラインも加わって、海中を疾走する姿から英語圏ではRainbow runnerと呼ばれるそうだ。
故・新幹線500系ともイメージが重なる。

ちなみにアジ科大型魚の英語名はだいたいカッコいい。
ブリ⇒Japanese amberjack(日本にいる琥珀色のアイツ)
ヒラマサ⇒Yellowtail amberjack(黄色い尾をした琥珀のヤツ)
カンパチ⇒Greater amberjack(デカい琥珀のニクイヤツ)

外見の良さ、英名のカッコよさに比べて、日本での呼ばれ方はしょっぱいと言わざるを得ない。
伊豆半島周辺ではブリの若魚イナダに対して「メナダ」(ボラ科のメナダとは別種)
南紀・尾鷲ではダンゴブリ
外房ではオキブリ
愛媛ではイダ。これはウグイと同じ地方名なので、もしかすると婚姻色で派手な色合いのウグイと、同じくデーハー(死語)なツムブリをダブらせたのかもしれない。

このあたり、外見と釣り味で魚の価値が決まるアメリカ食味、浜値で魚の価値が決まる日本の差が現れているのではないだろうか。

色々な文献を見ると、「ぱさぱさして美味しくない」「脂が無くてまずい」「小さいものは食べられない」などと否定的な評価が並ぶ。

そのせいで浜値も非常に安い。今回のものはなんとキロ250円の計算になる。
これでもし美味しかったら儲けものにもほどがある。
さっそく捌いてみよう。

ツムブリを捌いてみる

ブリやヒラマサと一見して違うのは、その鱗の大きさだ。

ツムブリ,鱗

大きいので鱗の模様が目立つ


縦に長い楕円という特徴的な形をした鱗は、大きいもので長径1㎝ほどもある。

頭部は細長く、下あごが付き出すキツネ顔だ。
ツムブリ,顔
死んでしまうときれいな色合いが失われてしまうが、それでも水色のストライプの名残が見える。

体の断面は円に近く、中骨は太いがさほど固くなく、頭を容易に落とすことができた。
内臓を出すとべったりと脂肪の塊が付き、脂の乗りの良さを期待できる。
他の魚ではあまり見られないはっきりとした舌があったので取りだしておいた。
ツムブリ,舌

3枚に下ろすと、果たして素晴らしい脂の乗りの上等な身肉が姿を現した。

ツムブリ,肉

素晴らしい脂の乗り


ブリと比較するとやや柔らかく、より鮮やかな赤身肉で、上質な和牛のようにきれいなサシが入っている。

ツムブリを食べてみる

まずは、刺身で。

ツムブリ,肉

背身、腹身ともにすばらしい


ツムブリ,刺身

ブリとは明らかに違う


一口食べてみて感動を覚えた。
これは…っ!!

身質はブリよりもアジ、それも死後硬直が解けたあとのしっとりとした熟成アジの刺身に近い。
筋が見えるが固くなく、それに沿って脂がついているのか全体的にとろけるような印象だ。
皮下脂肪もしっかりとついていたが、冬のブリのようなギトギトの脂ではなく、身の味とのバランスが抜群に良い。

誰だ美味しくないとかほざいたのは!どうせ無知な釣り人だろう。
てめーらは海上釣堀で養殖ブリでも釣ってろやこの味オンチどもめ!

…失礼、筆が乱れました。
個人的にはアジ科で最も美味しい魚に認定してもいいくらいだった。
ただ美味しいというわけではなく、アジ、ブリ、カンパチ、アジ科のそれぞれの良いところを併せ持つバランスの取れた味わいはこの魚を置いて他にないものだ。

味:★MAX
価格:★MAX

腹側のサクは焼き物に。

焼いてもやはりブリよりはアジに近い身のほぐれ方をする。
ホクホクしっとりとして美味しい。
身に強い味わいがあるので塩だけでも十二分に美味しい。
身自体の脂を使って、フライパンで表面がカリッとクリスピーになるように焼き上げるのがオススメ。
ブリだとこの調理法では油まみれになってしまう。

味:★MAX
価格:★MAX

ツムブリ大根も作ってみた。

ツムブリ,ダイコン,あら炊き

(ツム)ブリ大根


出汁がマジで美味い
人生最高のあら大根ができた。
いまの僕の女子力は53万です。

味:★MAX
価格:★MAX

小さいツムブリも食べてみたい

ということで予想をはるかに上回る味わいだったツムブリ。
キロ250円という価格からは想像ができない美味しさ、有能さで完全にファンになってしまった。
いつも入荷するんなら定期的に勝浦に買いに行ってもいいくらいだ。

ただ今回は、ブリでもカンパチでも最もおいしいと言われる「80㎝、4~5㎏」というサイズにジャストだったので、この味わいだけで評価を確定してしまうと他のアジ科の魚からクレームがつくのは必至だ。

というわけで、1㎏無いような小さなものでも、売られていたら積極的に買って食べてみたいと思っている。
身の味がいいから、脂乗ってなくても十分美味しいんじゃないかと思うけどねぇ。。

 
 
 

コメント

  1. せつな より:

    おそらく、ですが。
    同じブリでも日本海と太平洋で明確な差が現れ、また同じ太平洋産でも時期・エリア・その時の偏食するベイトによって凄まじく肉質が変わるやつらなのです。
    ツムブリについて言えることは、出回っている中で買っての評価は少ないのではないかということ。
    つまり釣人の評価が多い。しかも黙ってられない人種の言動が溢れているw
    重ねて、どちらかというと南方系の魚にあたるので釣れるのは夏が多い。
    釣れるのは何故かそのへんのサイズが多い印象がありますが、夏のは確かに全然脂なくてサッパリしてるんですよね。
    単純にツムブリにも旬があるってだけの話なのではないかと。
    しかしこれも単純な季節だけではなくて、どの水温の海域で何月に水揚げされたかを考えて初めて良い魚体を手にできるのではないかと予想。
    仮に冬から春が旬として、南に行って釣ったって意味がないという感じの。
    魚には結構そういうのありますよね。

  2. wacky より:

    なるほど…確かにそうですね、考慮する必要があります。
    ブリっぽい見た目にだまされて、期待して食べたらパサパサしてたらみんなキレるかもしれないw

    ただ、この魚の身質を見るに、脂乗ってなくても美味しいんじゃないかという気がするんですよ。
    特に僕は味覚がオッサンで、もうブリとか養殖カンパチとか美味しいと思えないんですよね。ワラサよりもワカシが好きというw

    「市場寿司たか」さんと「ぼうずコンニャク」さんのやり取りみたいなもので、脂ってのは要は好みであって、養殖ブリが好きでも全然かまわないんですけど。
    でもツムブリをくさすのはどうやねんと思うわけですね。

  3. せつな より:

    結局、これもマイナーな魚が世間に浸透しない理由のひとつなんでしょうね。
    対面で売る小売店ならどんな感じの魚なのか質問もしやすいんだろうけど、今主流の販売形態だとそれも難しいケースが多いだろうし、そもそもわかるスタッフがいないことのほうが多そうだし。
    そして、たまたま売ってて、買って、口に合わなかったら普通はそれで2度目は買わない。
    で、それが一生の評価になるんでしょうから、魚の場合は野菜よりも不当な低評価が多いのは仕方が無いような気がします。

    たまたま仕入れても販売努力が足りない&保守的な消費者が多いことで、聞いたこと無い魚には多くはなかなか手が伸びない。
    仕事帰りに「マジか!売ってる!」なんて驚くこともあるけど、どう見ても売れてなくて山積みのまま半額なんて光景もザラで、価格だけ安くなってたってこの鮮度じゃもう真価伝わらないから、単純に処分販売に終わりリピートには繋がらないとか想像の範疇ですよね。
    だから結局、量販スーパーではほっといてもリピートに繋がるものしか置かない傾向になるのではないかと。
    そして個人商店はいまだにミニマムな視点だけでアピールしてたら、そらすぐジリ貧でしょうよ。
    頭柔らかい世代から変えていかないといけないんじゃないかと。

  4. wacky より:

    そうですねぇ…わがままを言えばそういう、味やら食べ方やらを細かく教えてくれるおせっかいな店員さんがいてほしいですけど、難しいでしょうねぇ。

    でも、買う人間の方は、結構こういったマイナー魚を求めてる人多いみたいですよ!
    先日書いた外房のお店リストの記事もアクセス良いですし、魚好きなら「変わった魚を調理してみたい」って欲求は常にあるものだと思いますね。

    というわけで、頭を柔らかくしてほしいのは漁師と仲買、というのが僕の主張です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA