果物の王様・ドリアンの種を揚げると意外なあれの味に

シェアする

サイコパス男が可愛い女の子に変なものを食べさせまくる(←語弊)野食サバイバルギャグ旅漫画「僕は君を太らせたい!」第2集発売中です! ご購入は↓のリンクからどうぞ!!



試し読み&電子書籍での購入はこちらのページから!!↓↓






ドリアンを食べた、という話を先日公開したあと、各方面から問い合わせをいただいたのですが、そのなかでも一番多かったのが

「種は食べたの?」

という質問でした。


種食えるんかい!? とビックリしながら調べてみると、産地では焼いたり茹でたりして食べてるみたいですね。
芋みたいな味になる、というハナシも。。面白そうじゃないですか。


果肉から取り出した種をよーくあらって、水分を切っておきます。
念のため臭いを嗅ぐと……わずかにドリアン臭がしますが、そこまで不快ではありません。
さっそく調理してみましょう。。

広告
広告

ドリアンの種を食べてみた

まずはそのまま、焼いてみましょう。

ドリアンの種はすべてが充実していると言うわけではなく、むしろ「しいな」のほうが多いみたいですね。
一番ぷっくりと膨れているものを使いましょう。



丈夫な殻状の外皮に包まれているので、真っ黒に焦げるまで焼いてみました。


中身もちょっと焦げた。。
いただきマース

……(`・~・´)はーなるほど
里芋と山芋とドングリ(マテバシイ)の合の子みたいな味ですね。
カリっとムチっの中間のような歯触りで、わずかな滑りとほんのりとした甘味があります。
塩をつけるだけだとちょっと物足りないけど、しっかり味をつけてあげたら美味しそう。


なんにしても、でんぷん質の味ですね。
となれば、たぶん一番美味しくなるのは揚げ物。
チップスみたいにしてみよう。


殻を剥いてスライスし、カリっと揚げて塩コショウを振ります。


いただきマース

……Σ(`・∀・´)
これは……揚げ納豆

短時間で加熱すると水分っ気がちょっと残るのですが、それが粘りというかヌメリのような歯触りになります。
そこに上記の質感と、わずかに残ったドリアン臭が合わさることで納豆の雰囲気が爆誕。
なるほどねーこれは面白い! ぼくは揚げ納豆大好きなのでこれも嫌いじゃないです。

味:★★★☆☆
価格:★★★☆☆

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. 趣味園芸家 より:

    ドリアンの種子は茹でてもあまり柔らかくならず、ゴリゴリしていて噛めば噛むほど粘りを生じる謎食材です。
    どうすれば生かせるのでしょうかね。