日本三大怪魚がひとつ・アカメを食べてみた

シェアする

☆★☆★☆
ビッグコミックスペリオールにて
「僕は君を太らせたい!」
連載中!
★☆★☆★

作品公式Twitterはこちら!




先日の野食会で提供いただいた食材の中で、もっとも注目を浴びたものはおそらくアカメだったのではないかと思います。

アカメはスズキを小顔かつ寸詰まりにして尾びれをでっかくしたような魚で、最大で1.5mほど、日本の汽水域に住む魚の中では最も巨大になります。
日本においては南日本の大河の河口域に少量ずつ棲息していると考えられていますが、まとまった数が棲息しているのは宮崎県、高知県ぐらいだといわれています。
その生息域の狭さと、大きくなるところから「日本三大怪魚」のひとつにカウントされます。ちなみにあとのふたつは北海道のイトウ、そして琵琶湖にしかいないビワコオオナマズです。

んでまあそんな怪魚なんですけど、今回小宮さんはなんとティラピアを餌に釣ったということで、全国のルアーマンが苦虫をかみつぶしている様子が存分に想像できます。

そうだよね、やっぱりルアーより生き餌の方が釣れるよね!(←ルアー釣り下手すぎてまともな魚釣ったことないマンの嫉妬)
サイズもメーター越えとはいきませんが、70㎝ほどもある十分なサイズ。一説によるとこのくらいまでのサイズが一番美味しいとも……

広告
広告

幻の魚アカメは正統的な美味しさだった

今回、アカメ氏はカチンコチンコの冷凍状態で会場入りしたので、とりあえず水をぶっかけまくって強制解凍し、半解凍状態で料理されました。

クロオオカミシェフの迅速かつ丁寧な調理が施され、食卓にはパスタのメイン具として登壇。
まるで海底の死骸に群がるアラムシロガイのごとく参加者がたかり、あっという間に消えていく中、かろうじて確保したひとかけらを口にしてみると……

……(≧〰≦)ふわっふわでウマー!!
見た目からスズキ的な肉質を想像したのですが、舌触りがより柔らかくふわふわとしています。これはシェフの火の入れ方が抜群だったからというのもあるかもしれない。
旨味はしっかりとしていて、繊維がほぐれると同時に口の中に肉汁が溢れます。
出汁もすごくいいのが出てるっぽい。


1/4ほどいただいて、東京に持ち帰ってきたので、そちらは塩麹で締めて焼き物にしてみました。

皮目に独特な風味がありますね。スズキの皮の「川っぽさ」をより立たせたような。
汽水域の魚だからでしょうか?
ただそれが嫌味ということはなく、むしろ塩麹と合わさって好ましい個性に。
身はぎゅっと締まりますが、決して硬くなるということはなく、噛み締めると心地よくほぐれます。

うん、味は別に幻ぶってないね。極めて正統派な美味しさです。
「白身魚フライ」として輸入されているナイルパーチと比べても身のふわふわ感が強く、味もずっと上だと思います。

味:★★★★☆
価格:★★★★☆



今回、小宮さんが会の後にツイートしたアカメ料理の画像に、イチャモンを付けてきた釣りアカウントがありました。

スクショもとってるけど、武士の情けで晒さぬ。

せっかく小宮さんが大人な対応してたのに、脇から引用リプでケンカしに行く茸本さんも相当アレですが、それはそれとして釣り人よ、あなた方が嫌われるのはそういうとこですよ。
アカメは高知県ではかなり数が増えていて、絶滅危惧種の指定も外れ、食用にも獲られているそうですよ。釣り人のものじゃないんだよ、べつにさぁ。。

自分たちが勝手に作った法的根拠もないルールを、釣り人以外にも強要し、自分たちこそが正義とうそぶく。やめましょう、そういうの。
gこれ以上釣り人が嫌われるのは、いち釣り人としてホントにつらいから。

先週末、ウツボを釣りに東伊豆方面へ行ってきたときの話。 新しい釣り友達であるゴリさん(野食新年会にも来てくれた方です)に車を出していた...
昨日公開した「東伊豆・網代港釣り禁止の衝撃について考察する」という記事は、こちらの予想以上に多くの方に拡散いただいて、メールやコメントなどで...

↑この記事のコメ欄にもずれた釣り人が湧いててさぁ……もうさ……どうしたらいいんだろうねおれたちは。

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. im より:

    このブログを見始めてから釣りに再度興味を持ち
    1年ほど前から釣りを再開したのですが十数~二十年前にやっていた頃とは比較にならないぐらい
    自分勝手な自己ルールをスタンダードとして主張する人が多くいて驚きました。

    インターネットが発展して昔からいた偏屈な人が目立ってるだけなのかな?とも思いますが
    なんというか・・・釣り場でも釣りに対して気持ちに余裕のある人が減ってきたように感じます
    昔よりも魚や釣り場が減ってきているというのもあると思いますが、「自分さえ良ければいい」「自分の認識が正義であり絶対」という人が増えた気がします・・・

  2. たいめん より:

    サクラマスなんかも、釣ると周囲の釣り師が(内心の悔しさを糊塗しつつw)賞賛してくれるそうですが、撮影に手間取ったりしてると徐々に「早くリリースしろよ」みたいな感じで視線が冷たくなってくるそうで…。

    そういう連中の目の前で撲殺してクーラーに放り込みてぇwwwww

    ちなみに当方は、釣った魚は意地でも食べる主義なので、冷凍庫が満杯な現在比較的嵩張らない鮎以外自粛中ですw

  3. 人間 より:

    アカメは高知県ではかなり数が増えているという根拠を示すソースってどこにあるんでしょうか?いったいどの程度生息していてどれだけ増えたんでしょうか?個人的にはあまり詳しくはないので知りたいと思いました。
    アカメの注目種指定について
    http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/030701/2018032000132.html
    こういうサイトもあったのですが法的根拠がなければ関係ないのでしょうか?

    • wacky より:

      こちらを参照しました。→ https://www.47news.jp/52222.html
      リンク先本文は削除されてしまっているようですが……

      貼っていただいたリンク先に記述がある通り、「県内沿岸部では普通にみられる種」とのことで、これだけでも食用に利用することは問題ないといえるのではないでしょうか。もちろん食べてはいけない法的根拠もありません(あったら漁師さんも獲らないでしょ……)
      注目種への指定理由は「高知県の自然を代表する魚種」だから、とも書いてありますね。

  4. はぜ より:

    変な釣り人増えましたね。
    釣りが気軽なレジャーになりすぎたのかもしれないですね。
    極論をいえば魚が死ぬことに耐えられないなら釣り辞めたらいいのにと思います。
    死んでしまうなら食べてやるのが最善だと私は思います。
    リリースされた魚の生存率が魚種や状況により極端に下がるのわかっててリリースしてたら魚を捨ててるのと同じ事です。
    スズキとか弱い魚はリリースした時泳いでもその後沈んで死んでしまうし。
    よくいる乾いた素手で触った魚をリリースするヤツは他人の魚にケチつける資格もない