魚介その2(魚以外)

魚介その2(魚以外)

ナマコは火を通した方が美味しいかもしれない

ここのところ、近所のスーパーでナマコがよく売られている。 地元神奈川産のアカナマコなのに、20㎝くらいあって300円程度と激安なのだ。 それも、よくある完全に伸びてしまったものではなく、固さもあって鮮度も良い上々のものだ。 これと...
野食

テトロドトキシンを持つのに美味しいと噂のカコボラを食べてみた

大潮の夜に小磯をうろうろするのが本当に楽しい。 夜のタイドプールは生きものたちも元気で、水たまりの中でも活発に活動している。 固着系の生きものも、夜は信じられない速度で動くのだ。 移動中のヒザラガイなどはかなりのインパクトがある。...
魚介その2(魚以外)

イソギンチャクを和風とスペイン風に食べてみた

先日、九州に住む姪っ子(2歳)がキノコ好きになりつつある、といううれしい知らせがあり、この機を逃してなるものかとキノコ関連書籍を数冊見繕って贈った。 そのお礼に姉が九州の珍しい食べ物を贈ってくれるというので、リクエストしたのが「尻の穴...
スポンサーリンク
野食

ヒザラガイで割とリアルに死にかけた話:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル③

食べられないキノコで中毒した話、食べてはいけない魚で大変な目にあった話に続いて、食べられるはずなのにひどい目にあった話をひとつ。 3年ほど前の春、横浜・海の公園で潮干狩りを楽しんでいると、岩礁帯に張り付く生きものが目に入った。 ...
魚介その2(魚以外)

食べられる凶器・クモエビ(オオコシオリエビ)の塩茹で

戸田のお土産屋で見たことないエビを見つけた。 甲羅はトゲだらけで細かく皺が入り、腹部はぺったんこになるほど鋭角に折り曲げており、先端は白い。そしてテナガエビのようにハサミが長く伸びている。 氷付けになっているので正確な重さはわか...
魚介その2(魚以外)

世界最大の節足動物・タカアシガニを食べる

正月は網代の実家に里帰りし、疲れた心身を養った。 その時に、西伊豆は戸田の名産・タカアシガニを食べに連れていってもらった。 水族館でも人気のタカアシガニは、言わずとしれた世界最大のカニで、両のはさみを広げた大きさは最大4m近くに...
野食

ヒトデの正しい食べ方 -食べられるヒトデと食べられないヒトデ-

あなた方のヒトデの食べ方は間違ってる! と僕は声を大にして言いたいのだ。 のっけから何訳わからんことを言っとるのか、とおっしゃる読者諸兄は置いといて、今回はヒトデがテーマです。
野食

貝のレイシを釣って食べてみた

※以前の記事で「イボニシ」としていたものは同科の「レイシガイ」の間違いでした。 謹んで訂正いたします。 クロアナゴやウツボを狙って身餌をぶっ込んでおくと、魚以外の外道がかかってくることがしばしばある。 その中にはオニヤドカリやワタ...
野食

オニヤドカリはアナジャコの味?

ゴンズイ釣りの最中、アタリがあったあとに竿先がおじぎしたままになったので聞き合わせを入れてあげてみると、立派なサザエがついていた。 ラッキーと思い手に取ると、やたらと殻が汚れており、また微妙に軽い。 もしやと思い堤防に置いてみると、...
野食

浜辺でキンセンガニを拾い食い

鎌倉のきれいな砂浜を歩いていると、波が引いた後にさっと砂浜にもぐる生き物を見かけた。 慌てて近寄ったのだが、なんの変哲もない砂浜が広がっていた。 不思議に思いじっと観察していると、ふたたび波が来た時に何者かが這い出し、波に乗って沖合...
タイトルとURLをコピーしました