魚介その2(魚以外)

抱卵青イソメは美味いのか

先週末、川崎の某釣り公園にスズキ・カレイを釣りに行った。 これらの魚を釣るときは、動きで魚にアピールする青イソメとあらゆる魚に聞く蠱惑的なニオイを持つイワイソメの2種類の餌を用意し、竿を数本出して遠近探り分けるのが基本となる。 安価...
野食

ウミケムシを食べてみた

★☆★2016年にも食べたよ⇒ウミケムシを串焼きと刺身で食べてみた ホウボウが釣りたくなって西伊豆に遠征してきた。 水深のある砂泥底の漁港で、半夜で狙ったのだが残念ながら本命とは出逢えず。 代わりに竿を揺らしたのが、黒&白のア...

むしむしQ野プラ支店 蠍・竹苞蛾・雀蜂・蛙・蛇

ある食べ物がゲテモノかそうでないかは、提供する側の意識によって決まるのではないかと思っている。 食べる人にとって全く信じられない食材であったとしても、食べる人のことを考えてしっかりと調理されたものであれば、僕にとってそれはゲテモノではない...
野食

ツノロウムシでコチニール色素を作ってついでに食べてみた

小学生のころ、駄菓子屋で購入した派手な色のお菓子を見ながら母親が言った。 「人工着色料を摂るとガンになるんだよ!」 そのせいか現在に至るまで、原材料に「赤色104号」なんてかかれている食べ物をみるとつい忌避してしまう。 そんな...
野食

喰われる前に喰う!寄生虫界の裏番長・アニサキスを積極果敢に食べてみた

鍋にしようと思って丸のスケトウダラを購入した。 ぱんぱんに膨れたおなかから出てきたのはタラコ、肝臓、そして大量の アニーちゃん もっとも有名な寄生虫のひとつアニサキスは、カイチュウの一種でイルカなどの海獣類を終宿主とす...
野食

トウモロコシの害虫「アワノメイガ」も食べる

昨年秋、栗に寄生するクリシギゾウムシを食べる記事を書いたところそこそこのアクセスがあった。食材に寄生している害虫の場合、目につくと不快なだけでなく、誤食の可能性も高いので注目度も高いのかもしれない。 そういった害虫たちに恐れを抱いてい...
野食

「栗虫」クリシギゾウムシを食べる

先日、群馬の山間の県道を走っていると、路上に大量のヤマグリが落ちているのに遭遇した。 ヤマグリは大きくても2cmかそこらの小粒の栗で、体積でいえば市販の栗の10分の1程度しかないが、極めて味が良いことで知られている。 軽く炒っただけ...
野食

ケヤリムシを食べてみた

海釣りでは様々な餌を使うのだが、それは大きく3つのグループに大きく分けることができる。身餌、アミ・エビ、 そしてゴカイ系の虫エサだ。 この中で虫エサは汎用性の高さが売りの万能餌だが、見た目がミミズなことや購入すると高いことからあまり好...
タイトルとURLをコピーしました