名古屋の台所「柳橋中央市場」でレアもの探検

その土地のことを知りたければ、その街の台所へ行け

いい言葉でしょ?今テキトーに考えたんすよ(ドヤァ)

と言うわけで名古屋市の中央市場、柳橋総合市場にやってまいりました。
NCM_1056~01
あいにくの天気にもかかわらず大変なにぎわいを見せています。
中央市場が開放的な街はだいたいいい街です。
NCM_1057~01

関東の市場と比べて明らかに違うのはタイラガイ、ウチムラサキなどの貝が充実していること、生ダコハモの扱いがバツグンに多いところ、など。
NCM_1058~01
NCM_1059~01
NCM_1064~01
関西ほどじゃないけど、軟体好きな土地なのね…
NCM_1060~01
ボウシュウボラに、アケガイ!中央市場で見るのは初めてのものがいっぱい。
NCM_1062~01
この生け簀のハモ、みんなメーターオーバーだ…!
NCM_1064~01
そしてタコとにらめっこ
茹でのタコはほとんど見なかったなぁ…

今回もっとも「おおっ」と思ったのがこの
NCM_1065~01
NCM_1066~01
イボニシ、キロ1,800円!

いくつかの店で売られてたから、食べる文化があるってことなんやね…

台風でなければ、沖合底曳き網漁の基地があるという蒲郡の港にも行きたかったけど、それはまた今度。

 
 
 
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA