毒・食中毒

野食

テトロドトキシンを持つのに美味しいと噂のカコボラを食べてみた

大潮の夜に小磯をうろうろするのが本当に楽しい。 夜のタイドプールは生きものたちも元気で、水たまりの中でも活発に活動している。 固着系の生きものも、夜は信じられない速度で動くのだ。 移動中のヒザラガイなどはかなりのインパクトがある。...
魚介その1(魚系)

毒鰭でひれ酒を作って飲んでみたい:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル④

魚の刺毒は怖い。 それは命の危機があるからではない。 見た目や存在感に比べて「意外なほど」強い毒だからだ。 身近な毒魚であるゴンズイやハオコゼにしても、あんなに小さくて地味で、ふつうに暮らしていれば哺乳類に対する毒など持つ必要もな...
野食

ヒザラガイで割とリアルに死にかけた話:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル③

食べられないキノコで中毒した話、食べてはいけない魚で大変な目にあった話に続いて、食べられるはずなのにひどい目にあった話をひとつ。 3年ほど前の春、横浜・海の公園で潮干狩りを楽しんでいると、岩礁帯に張り付く生きものが目に入った。 ...
野食

バラムツとアブラソコムツで人生を台無しにしかけました:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル②

2015.4.23写真追加 昨日の記事で「ドクヤマドリは2切れまでなら食べても大丈夫らしい」といった旨のことを書いたが(試すなら自己責任で)、魚にも摂取量上限が存在するものがある。 そう、誤食事件や偽装などもあって有名になった深...
野食

ニガイグチを食べたらどうなるか:野食ハンマープライス的 自然毒のリスクプロファイル①

先週末は所属するキノコの会の勉強会に出席し、主にイグチ目のキノコについて様々な知見を得ることができた。 イグチ目は菌根菌で栽培が困難なため一般的な知名度は低いが、ハナイグチやヤマドリタケ(ポルチーニ)など食用種が多く、キノコ狩りをする...
タイトルとURLをコピーしました