野食会まとめのまとめ & 追いトリュフに若干後悔したので追いトリュフしてきた

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
星海社Webサイト「ジセダイ」
「野食のススメ 東京自給自足生活」
を連載しています!!

yashoku_topfeature05
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




野食会2016秋、無事開催されました!!

参加者の皆様、ゲストのせつなさん小林銅蟲さんにゃごにゃさん、ねこ文壇バー「月に吠える」様ならびにまりさん、そして食材たち、本当にありがとうございました。


次回は12月に開催の予定です。
ご連絡の通り、次回からは食材をお持ち下さる方も、持ち込みはないけど食べてみたいよって方も参加しやすいように、募集方法などを再考したいと考えております。

プラチナチケット化問題についても、引き続き対応を考えてまいりたいと思っています。
今回ご参加いただけなかった皆様も、ぜひ次回はご参加いただけると嬉しいです。


食材について、できるだけすべて提供したいと思っているのですが、今回もお出しできなくなってしまったものがあり申し訳ありません。
茸本が美味しくいただきます。(未開封のお酒などは12月の会でお出しします。)

当日飛び入りの食材については提供が後になってしまう可能性がありますので、「ぜひ皆に食べてもらいたい!」という食材がありましたら、前日までにご連絡いただけますと大変助かります。
(炭水化物・野菜については茸本が飛び入りを歓迎していたにもかかわらず、提供できないものがありました。大変申し訳ありません)


あと、食材をお持ちいただいた際の容器や道具など、こちらでお預かりしているものがあります。
心当たりのある方はご連絡ください。

 

全体的に「『みんななんだかすごいの持ってくるらしいから、ワイもベストを尽くさなくては……!』という参加者同士のエアつばぜり合いが行われた結果、提供料理のレベルが青天井になる」という現象が起こり、エスカレートしていっております。


自分もいち参加者として毎回めちゃくちゃ楽しみですが、一方で今回のウツボのような「面白い食材が手に入ったから、茸本ちょっと一発芸やれよ」みたいなのも楽しいので歓迎いたします。
プリミティブな(未調理)食材の持ち込みがあるときは、早い時間にご来場いただくのがありがたいです。

手の込んだ料理も、食材自体の味で勝負するような料理もどちらも大歓迎というのが当会のスタンスです。
「自分の料理なんかとても……」とおっしゃらず、お持ちいただけるととても嬉しいです!


詳細なレポートに関しては
せつなさんとこのページ
にゃごさんとこのまとめ
玉置さんとこのブログ
Twitterでのタグ 
#野食会
で検索してもらえれば十分だと思うのでこちらでは割愛させていただきます。
参加者の方で写真を撮られた方はひきつづきタグ付きツイートしていただけると嬉しいです。。(特にみんながワイワイ食べているシーンの写真を急募しています。お持ちの方はぜひご連絡を……!!)

追いトリュフに若干後悔したので追いトリュフしてきた

さて、野食会に参加される皆様のリアクションはいちいちすごく、提供側のテンションが爆上げし気持ちになり、終わってしまうという事例が知られています。

そんなわけで大トリュフ展が開催されました。


追いトリュフというパワーワードが生成された件については喜ばしいものがありますが、これについて、茸本が後悔しているという説としていない説があり混乱が見られています。
閉会後の心境を見る限り若干の後悔があった模様です。


というわけで昨日、追加のトリュフを採りに行きました。
いわゆる追いトリュフです。混乱しますね。


このポイントは非常に有望で、かつ周囲にもよさげなポイントがいっぱいあるので引き続き開拓を続けていきたい所存です。


んで昨日は連れと行ったんですが、彼女が途中で必勝法的なものを編み出してしまい、結果として10分で20個ほど見つかりました。


小さいのは地中にあり、掘り出すと良くないのでそのままにしてきましたがそのレベルまで余裕でわかる。
もうブタも犬も完全に必要なくなったという結論です。


次回もトリュフ、提供できそうです。

あ、でも、今回のリゾットの旨味はアカヤマドリ先生によるものだから、そこんとこよろしく!

 
 
 

コメント

  1. えむっち より:

    お~必勝法ですか!もうメスブタは必要ないですね。メスブタは。
    トリュフ、採ったことないですが11月頃が旬でしたっけ。これから楽しみですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA