アナハゼのち○ぽの刺身を食べた

先日の釣り納めでオハグロベラとともに釣れたオビアナハゼ

オビアナハゼ

いっちょまえにバス持ち


せっかくなので食べてみたい。

アナハゼの刺身

見た目はカサゴとハゼの中間のようなナリをしているが、実はカジカに近い仲間と言うことでウロコがない。

オビアナハゼ,調理

ぬるりとしてるのよ


その代わりにヌメリで被われており、鮮度に関わらずやや生臭みがある。
調理の前に塩で良くヌメリを落とす必要があるようだ。

内臓を抜いてヌメリを落とし、三枚に下ろす。
小さいが身質は比較的しっかりとしており、ていねいにやればきれいに身がとれる。

近縁のアナハゼは身と骨が緑がかって食欲をなくすらしいが、これはごくふつうの色合いをしていた。

皮を引いて…完成!

アナハゼ,刺身

意外と歩留まり悪い

こちらも海塩をつけて食べてみると…

…(ー~ー)

うーん、平凡。
決してまずくはないが、味があるわけでもない。
食感ももちもち感がなく、歯ごたえも特筆すべき物はない。 

誰かも言ってたけど、食味的に一番近いのは…刺身コンニャクだなぁ。
刺身にしてとりわけおいしい魚じゃない。

かと言って火を通しても、この身質ではきっとそれなりの物にしかならないだろう。

味:★★☆☆☆
価格:★☆☆☆☆

アナハゼのち○ぽの刺身

さて、実はこの魚、一目でそれとわかる外見的特徴を持っている。
それがこの

巨大な交接器

アナハゼ,交接器

あらやだ奥さん


地方によっては「ちんぽだし」なんていうミもフタもない呼び名で呼んでいるところもあるのだ。

と言うわけでようやくタイトルに戻るわけだが、このち○ぽ、どんな味がするのか試してみることにした。

魚体からすると巨大な交接器だが、食べてみるには小さい。
いろいろと試すわけにはいかないので、ここはオトコらしく刺身で食べてみることにする。

サクッと切り落とし、
半割りにしてよーく洗い、

アナハゼ,交接器,刺身

分かりづらいけど先っぽがクリオネの捕食時みたいになってる。エグイ。


塩をつけてそのまま、口に放り込む。

…(・~・)ごりっごりっ

スゴい歯ごたえ!
かじった瞬間に、かつて五反田のもつ焼き屋で食べた豚のコブクロ(子宮)を思い出した。

生臭みはほとんどなく、脳天に響くような歯ごたえが面白い。
味があるわけではないが、締まった筋肉独特の風味があり、悪くない。

味:★★★☆☆
価格:★★☆☆☆

もしこの魚が50cmもあれば、交接器も珍味として漁師料理の一種になれていただろう。

土佐の名物に「カツオのちんこ」という物があるが、あれは形の似ている心臓をち○こに例えたものであり、本物の交接器ではない。
そもそも交接器をもつ魚自体多くないので、アナハゼのこれはなかなか貴重なものだといえる。

部位が部位なので万人にオススメするつもりもないが、もし巨大なアナハゼが手に入って、その巨大なち○ぽに目がいったら、一度試してみるのも良いかもしれない。

包丁を入れたときに股間がキュンと締まるのを我慢すれば、それなりの珍味を味わうことができるだろう。

 
 
 
 

コメント

  1. […] 以前アナハゼの記事でも書いたが、カツオの心臓は鹿児島などでは「かつおのちんこ」と呼ばれて珍味として親しまれている。 一心房一心室の魚の心臓は、言われてみると男性器に似ていなくもない。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA