ニシキベラの色合いを活かしたくて塩釜焼きにしてみたけども

カワハギ釣りが楽しい季節になった。
NCM_1355
カワハギ釣りというと、アサリのむき身を自作して船に乗り、空合わせを繰り返して針に乗せていく非常にテクニカルな釣りのイメージがあるが、水深のある場所なら陸からでも簡単に釣れてくる。
NCM_1353
陸っぱりで掛かるカワハギは引きが強く、20cmオーバーが掛かると1号の磯竿など完全にのされてしまうほどだ。

またこの時期になると、カワハギの宝とも言えるキモがぱんぱんに膨らんで食味も抜群だ。

 

ベラも美味しく食べちゃおう

さてそんなカワハギ釣りであるが、毎回必ず釣れてくる「税金」のような外道がいる。
NCM_14211
ベラ類
11390278_1071416932873340_2
ハコフグだ。

どちらもカワハギと全く同じ環境に生息し、同じ餌を食べているので当たり前と言えば当たり前なのだが、カワハギがいつもの倍釣れるときはこれらの外道が3倍釣れてくるという累進課税的な存在なので、外道に寛容な人でもイライラするかもしれない。

しかしこれらの外道、食べるとなかなか美味しい。
ベラの中でもキュウセンはもともと西日本では人気があるし、かつては「なんでぇ磯べらかい」なんて舌打ちをされていたササノハベラも「味は良いんだよなぁ…」と知られるようになってきた。

20㎝を超えてくるとベラも脂がのり、むちむちとした歯ごたえで刺身でも美味しく食べられる。
専門に狙ってもいいくらいだ。

ニシキベラを食べてみよう

しかし、そんな評価を挙げているベラたちの中でも、全く鼻にもかけられない存在がいる。
NCM_1421
「見た目で魚を差別しない主義」のぼうずコンニャクさんですら食べたことが無いというニシキベラは、派手ものが多いベラの中でも飛びぬけてド派手な色合いをしている。
まるで熱帯魚のようだが、関東地方の磯でもごくごく普通に釣れてくる。
大きくなっても20㎝は超えず、釣り上げると鋭い出っ歯で威嚇してくるこの小魚を食べてみようと思う人は、確かに少数派なのだろう。
僕もふだんはリリースすることが多い。

でも今回は敢えて食べてみたいと思う。
しかも、彼らの「特長」である色合いを、できるだけ消さないようにしたい。

ニシキベラの塩釜焼きを作る

彼らの色味は鱗にあるので、普通の調理法だと色味が死んでしまう。
いろいろ考えて、塩釜焼きにすることにした。
これなら鱗を剥がさないまま調理することができるし、蒸し料理に近いので色味があまり死なないのではないかと考えたのだ。

用意するのは卵白3個分と塩500g。
NCM_1424
卵白を軽く泡立てて、塩をどさっと投入する。
NCM_1425
しばらく捏ねていると、耳たぶより柔らかいくらいの硬さになるので、それを耐熱皿に敷き詰め、
NCM_1426
内臓と鰓を取ったニシキベラとホシササノハベラを並べて
NCM_1427
上からまた塩を乗せて
NCM_1428
オーブンで45分ほどロースト。
NCM_1457
できあがり。
釜を割ってみると…

NCM_1459
残念ながら、あの派手な色味は褪せてしまい、黄色と黒のトラ模様だけが残る状態になった。
まあこれはこれでタイガースファンは喜ぶかなぁ…
NCM_1462
裏側にはほんのわずかに青みが。

身崩れしないように魚を取り出し、表面の塩をできるだけ落として、
NCM_1461
皮を剥ぐと、鱗ごとぺろりと剥がれてくれた。
NCM_1468
皮を剥いだときの色味が(ニシキベラらしく?)やや薄汚れて見えるが…
まあいいや、いただきマース

…(・~・*)
うむ、美味しい。

もともと水分が多い魚だと思うけど、塩釜がうまいこと吸収してくれたのか適度なホクホク感になり、味が濃縮されていて非常にイケる。
正直に言うとササノハベラの方が身もきれいでかつ数段美味しいけど、ニシキベラでも十分に食べられる。
NCM_1465

ただ、やはり小さい個体は塩が染みすぎてちょっとしょっぱくなってしまった。
最低でも15㎝ほどのサイズは必要かもしれない。

塩釜焼きはタイやスズキが有名だが、個人的にはベラのような「ちょっと水っぽい魚」にこそ合う料理法のような気がする。
キュウセンの25㎝オーバーとか、たぶんめちゃくちゃ美味くなると思うな。
材料費も手間も意外にかからないし、オススメです。

 
 
 

コメント

  1. rennzann77 より:

    キス釣りで20越えのニシキベラ釣りました。
    煮付けにしたら、皮の青色が綺麗な緑色になりました。

    味はササノハと変わらないのですが、ビジュアルショックでした。

    • wacky より:

      青から緑とか…ある意味警告色みたいなもんですかねww
      いったいなぜあの色になるのか…保護色というわけでもないでしょうし。。

  2. おいなりぴょん より:

    相変わらずいろんな物を召し上がられていますね
    塩釜焼きといえば、小笠原で釣れるチギ(バラハタ)で何度かやりました
    見た目は巨大なグッピーみたいな魚ですがジューシーな白身で美味しかったです

    それにしても、アニサキス、ウミケムシ、青イソメ等々
    食べられない物は何もない的なWACKYさんの探究心には頭が下がります
    実は私、WACKYさんのご近所に住んでるみたいですが
    伊豆諸島通いが長く、今では半島民みたいなもんなので
    伊勢海老漁の網に掛かる珍魚などの海産物に度々遭遇する機会があります

    今度、珍魚や珍しい貝や蟹類を手に入れられた際には
    WACKYさんに挑戦して貰いたいなあと思うのですがいかがでしょうか?
    珍魚が掛かっていなかったらお詫びに伊勢海老を送ります。
    宜しければ、送り先をメールでお願いします

    個人的興味としては
    ダイオウグソクムシの子分みたいな『鯛の餌・タイノエ』を
    何とかやっつけて欲しいです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA