エゾライチョウを捌いて食べてみた

シェアする

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
茸本朗 初の単著「野食のススメ -東京自給自足生活-」が発売されました!!
購入へのリンクはこちらの画像をクリック!

リアル書店でも、紀伊国屋さま、丸善さま、三省堂さま、八重洲ブックセンターさまなどの各店舗で目立つところに並べていただいています。
よろしければぜひ一度、手に取ってみてくださいませ。(ジセダイサイト内で試し読みも可能です)

購入された方、ぜひ通販サイト・アマゾンのレビューにもご協力ください。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○




先日、友人で猟師のOさんから「エゾライチョウ獲れましたけど送りましょうか?」という連絡をいただきました。

らららライチョウ!? サンダーバード!? 

※イメージ画像

こちらからお借りしました


食べてもいいの!!?

「エゾライチョウはライチョウとは別で、狩猟鳥獣なんですよ。」
はぇーそうなんだ……ぜひ食べてみたいです! よろしくお願いします~


到着するまでの間にエゾライチョウについて知見を深めておきましょう。

Wikipedia エゾライチョウ

食べる・飲む・遊ぶ・学ぶ・ぶろぐ  「蝦夷雷鳥(エゾライチョウ)を狩猟してきました。」

非常に美味な鳥で、かつては大量に獲れ外国に輸出していたこともあるそうです。
アメリカではシチメンチョウの代わりにクリスマスやサンクスギビングで食べられることが多いみたい。
ただ現在ではキツネによる食害などで数を減らしており、狩猟鳥獣から外すべきという声もあるとのこと。

ふーむ……将来的には食べられなくなることも考えられるわけか。
こういうテーマをブログで扱うことについてはいつも難しさがあるのですが、その鳥がどう保護されるべきかという話と、食味がどうかということはいつだって独立した事象ですからね。
いまは美味しくいただきましょう。そして保護されるべきフェーズに入ってしまったら、その時は保護に尽力しましょう。


というわけでやっていきます。

広告
広告

エゾライチョウを解体してみた

そんなわけであくる朝、エゾライチョウが届きました。


……なるほど~。ぼくの中のライチョウのイメージは「雪の中の真っ白な鳥」だったので、それとはだいぶん違いますね。


まあ違う鳥なんだから当たり前だけど。


胸の羽は白いんだね。


目の周りの隈取がかっちょいい。
宮さんいわく「市川雷蔵みたい」とのこと。はっ、もしやそれで雷鳥……!?(違う)

解凍し、羽をむしっていきますが……

……結構皮が薄いですね。引っ張ると剥がれちゃうぞこれ。
こういう時に蠟引きできるといいのかしらね。
でも残念ながら手元に蝋がないので、ちまちまと手でむしっていきます。
なお、自宅で羽むしりをやるときはゴミ袋かなんかの中でやりましょう。めっちゃ舞い散るぞ。

むしっている間、ずっとアンズやプラムのような甘酸っぱさのある香りが漂っていました。
どうやらこれ、羽の脂の匂いのようです。
カワウなど、この脂が結構しんどい臭いを発する野鳥がいるのですが、エゾライチョウの匂いは……なんだか心地よい。
でも、脂腺(いわゆるぼんじり)はちょっとキツかった。

あらかたの羽を引き抜き終わったら、ガスの火で残った毛羽を焼いていきます。

これで良し。



背側の骨が板状になっていて盛り上がっているので、その両脇をそぎ取るように包丁を入れて


胸肉とささみをゲット!


身の色は意外と薄目。
身からはやっぱり甘酸っぱい匂いがします。

首からはせせりを取ろうとしたんだけど
小っちゃくて難しいな……

おなかを裂いて内臓を出します。


ちっちゃな心臓と肝臓に

砂肝を確保。
砂肝の中身はブドウの種様のものがいっぱい詰まっていました。
oさんの知り合いのシェフさんいわく「ボケの実とヤマブドウのどちらをメインで食べてるかで味が結構変わる」そうで、ヤマブドウだとこういう甘酸っぱい香りになるんだろうか。

そして肝臓からは、その甘酸っぱさをめっちゃ濃縮したような香りがします。
なるほどね、これ血の香りなのか……。
ジビエの野趣については好みが分かれることも多々ありますが、ぼくはこれ大好きです。
味への期待が高まる……!

エゾライチョウ、美味しいぞ

初めての食材なので、シンプルに調理していきます。

ということで半分はサラダ油でソテーに、もう半分は薄衣でから揚げに。


モツ類は焼いて、念のためフランベしとこう。


いただきマース
まずはソテーから……


……(≧〰≦*)
美味いッッッ!! 
味を例えるならば、シチメンチョウの旨味を強くして、もっとジューシーにした感じです。
皮が薄くて皮下脂肪もあまりないんだけど、それでもこれだけジューシーなのは素晴らしい。身質がいいんでしょうね。

胸肉は厚みがあって味が力強く、ささみはむっちりとして歯切れ、食感が大変良い。

でも一番美味いのはもも肉ですね! 噛みごたえがあり、でもしわくはなく、最もジューシーで味がめちゃくちゃ濃厚。


から揚げも当然ながら美味。


銃弾が出てきました。欧州だとこれ幸運の前兆らしいね。フォーチュンクッキーならぬフォーチュンジビエ。


モツはというと、肝臓がやっぱりめちゃくちゃ美味い。
血のうまさとは何ぞということを教えてくれます。
でも苦手な人はダメでしょうねこれ。

一方でガラと砂肝はちょっと臭みが強くてダメでした。
何が違うんだろうな……難しいものです。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆



Oさん本当にありがとうございました! やっぱり持つべきものは猟師の友達だよなぁ……

広告
広告

シェアする

フォローする

広告
広告

コメント

  1. ふら より:

    シチメンチョウ食べたことがないので味の想像が出来なく涙目w

    今年のクリスマスはきっと買って食べますw

  2. 野肉は美味い より:

    美味しそう所々出てくるギャグも面白いです。