ヤマビルに齧られたので齧り返してみた

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
星海社Webサイト「ジセダイ」
「野食のススメ 東京自給自足生活」
を連載しています!!

yashoku_topFeature01
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




物事を始めるにあたり自分で決めたルールを、どこまでしっかり守るべきか逡巡してしまうこと、誰にでもあると思う。

このブログにおいてであれば、「食材として価値がありそうなものを見つけて利用する」というルールが存在する。

これを掲げているからこそ「このブログはゲテモノ食をやっているのではないぞ」と声高に主張することができるわけで、その禁を犯すことはレゾンデートルを毀損することに他ならない。


とは言え、こういう生き方をしていると、突然「これは絶対に美味しくないだろうけど、食ってやりてぇなあ」という思いに駆られることがある。

ウミケムシ,投げ釣り

これとかな


アイスジグに食らいつくハゼのように、リアクションバイトを決めてしまいたくなるのだ。
生き物に共通の性と言えるのかもしれない。

 

タマゴタケとヤマビル(4年連続4回目)

先日、今季初の夏キノコ狩りに行ってきた。

当初は神奈川北西部でタマゴタケを探す予定だったのだが、あまりの暑さに涼をとりたくなり、気がついたら富士山にいた。
仕方がないので昼過ぎまで標高の高いところでキノコを探し、渋滞を華麗に回避しながら丹沢某所のタマゴタケポイントに向かった。

まだ発生本数は少なく、キノコの気配は存分にあったがもう一雨くれば……というところでもあった。
ヤブカと戦いながら茂みの中をあさり、ようやく1本だけ食べごろのものを収穫して帰路についた。


しかし帰りの車中、右の脛に軽い痛みを感じ、嫌な予感がして手を伸ばすと自分の肌のものではない「ぶにっ」とした質感を確認。
そのまま爪先で引きちぎるようにして顔の前に引きつけ確認すると、やはりヤマビルであった。

去年同所で撮影したもの

去年同所で撮影したもの

ヒトを咬む犬は人に咬まれることも有るかもしれないと心得よ

昨年の7月に書いた記事にもあるとおり、このタマゴタケポイントには大量のヤマビルが生息している。
一所にとどまらないようにすれば被害を防げるのだが、今回はかなり広範囲を歩き回って疲労していたこともあって、取りつくスキを与えてしまったのだろう。


ヤマビルはその形状や動きからヒトに根源的な恐怖を引き起こす存在だが、かゆみや感染症といった2次被害を引き起こすことは無く、ある意味カやアブより怖がる必要はないかもしれない。

獲物を探すヤマビル

獲物を探すヤマビル

今回は咬まれた瞬間に察知して引きはがしたために被害もほとんどなく、出血も数分で止まった。
KIMG0038
ビニール袋に閉じ込めたので、道中破棄してこようと考えたのだが、バイオハザードになっては困るので責任を持って家まで持ち帰ることにした。
熱湯に入れればすぐにでも死ぬだろう。

帰宅し、湯を沸かしながら改めて確認をするが、どうにもキッチンにそぐわない存在である。
KIMG0045

のびる

のびる


車内でエアコンの冷気を当て続けていたせいか動きが弱弱しく、分厚い指先の皮膚を食い破る力は残っていないようだ。
それでも念を入れて、熱湯に投下する。

一瞬暴れたがすぐに動きを止め、少し縮こまって真っ黒に変色した。
KIMG0052
これでもう吸血被害を及ぼすことは無いだろう。
KIMG0055
前後の吸盤の形がしっかりと観られて興味深い。
触り心地は非常に強い弾力があり、見た目も相まってハリボーのタイヤグミに似ている。

……ちょっと食べてみるか。
こっちも齧られたしおあいこだろ?
KIMG0056
KIMG0059
……(・~・)

正直に言おう、この歯ごたえ、好きです。

小学生のころキャナルシティ博多ができて、舶来のグミを売るショップが出店したのだが、僕はそこでタイヤグミの類ばっかり買ってもらっていた。
味は正直そこまで好きじゃなかったのだが、日本のグミでは全く太刀打ちできない硬さと、電線のコードのゴムパイプを齧っているような背徳感が好きでハマっていたのだ。
その食感を思い出した。


味はというと、小さすぎることでほとんど感じられないが、後味にわずかに旨味がある様にも思えた。
苦味やエグみのような嫌な要素は無かった。
大量に手に入ったら下ゆでしてから炒めて食べたら意外とイケたりして。


まあ、安全性が全く担保されてないので真似するのはオススメしないです。
他人の血を吸った後の個体だったらヤだし。(一般的には1回吸血した後はしばらく吸わない)

味:★★☆☆☆
価格:★☆☆☆☆



大事なのは、ヤマビルどもに「てめえら安穏と人の血を吸い続けられると思うなよ」という意志を伝えることだ。
今後はそういったオーラを纏いつつタマゴタケを採れるように頑張りたい。

 
 
 

コメント

  1. すいーと より:

    コリコリしてるのかと思ったらグミっぽいんですね…
    こいつらがもっとデカくて、動くブラッドソーセージみたいな生き物だったらよかったかも(こわい)

    • wacky より:

      コリコリ感もあるグミを想像していただければ。
      これ以上でかくなったら完全にバイオハザードですしジョースター家やハンター協会の案件になると思うのでいただけませんね……

  2. えむっち より:

    鹿とかの血を吸ってるでしょうから、人獣共通感染症とか心配ですよね。
    大きいイメージがありますが、茹でてしまうと小さくなるんだなぁと興味深く感じました。

    グミ的な食感てことは、シロップとかジャムに漬けておいたら美味しいのかもですねw

  3. wacky より:

    いまのところは感染症の媒介は確認されていないようです。でもあまり気分のいいものではありませんが
    大きく思えますよね……やっぱりそれは恐怖心とか威圧感から来るものではないかなあと思います。。実際はかなり小さいです。

  4. M☆ より:

    忘れもしない中学生の頃…
    玉袋にマダニがチューチューしてました。
    ショックでした。
    油で揚げて食ったんですがサクサクでした。
    ヤマビルに遭遇したら油で揚げて砂糖醤油につけてみますd( ̄  ̄)

    • wacky より:

      3行目と4行目がつながってないですよ!!!!wwwwww
      いやー強烈ですねぇ……もしやみんなダニ食べてるのかな……?

  5. 川崎11号 より:

    小さくて味がわからない・・・(にやり)。
    http://livedoor.blogimg.jp/antroom/imgs/d/e/def4026e-s.jpg
    チスイヒル1年モノ、外敵がイナイとこんなにもなるのですね(汗)

    • wacky より:

      なんじゃこれ(驚愕)
      こんなんに血を吸われたら出血多量で昏倒するか、あるいは血を吸われているシーンを見ながら気絶するかどちらかでしょう。
      というかこれ、本物なのかな……?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA