野食新年会のお知らせ!!③ & 2日連続でウツボを仕入れに行ってきた

 
ビッグバナー

野食新年会ですが、連休の間に参加申し込みが30名に達しまして、これ以上は僕の力量的に厳しいと感じましたので、申し訳ありませんが一度締め切りとさせていただきます。(キャンセル待ちでも大丈夫という方はお受けいたします。)

今回ご参加いただけなかった皆さまは本当に申し訳ありません。
まだ本当になにも未定ですが、次の機会を作ることができたらその時は優先的にご案内を差し上げます。
ひょっとしたら関西開催もあるかも…?


ここからはご参加の方向けのお知らせです。

twitterにて既報の通り、ようやく会場が決まりました。↓↓
高円寺 リビング(Livingood)
東京都杉並区高円寺北2-36-10
http://www.livingood-cafe.net/

遅くなってしまい申し訳ありません。

「レンタルカフェ」という形態のスペースのため、キッチンスペースが大きく、また食器等も充実しています。
食材をお持ちの方も、順番にとはなりますが皆さま調理をしていただけるかと思います。
(住宅街のど真ん中という立地上、大騒ぎすると管理の方がすぐにすっ飛んでいらっしゃいます。ボリュームに注意しつつわいわい楽しくやりましょう。)


また、人数が多くなりましたので、レンタル枠を17~22時の5時間で押さえてあります。
入場・退場は随時OKです。

タイムテーブルは以下のように予定しています。

17:00 会場入り開始
17:15 受付開始
17:30 調理開始
18:00 乾杯
 ~  この間は随時、作る&食べる&片付け
21:00 調理終了、片付け開始
21:30 終了あいさつ
22:00 完全撤収



ちなみに、既に何人かの方に危惧いただいておりますが、茸本はこのような形式のパーティーを、これだけの参加者数で開催するのは全く初めてです。

ですので当日はテンパりの極みの様相を呈することが想定されます。

「バカが無茶しやがって…しょーがねぇから手伝ってやるか」という親切な方は、どうかご助力ください。


ご不明な点や、残念ながら参加できなくなってしまった方はご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

ウツボを仕入れにいってきたよ

ここからはよもやま話。

この3連休を利用して、新年会でふるまうためのウツボを仕入れに行ってきた。

場所は西湘某港。
KIMG1841
いつものウツボプレイスにしようかとも思ったが、あちらは水深が無く、ストイックにウツボを釣りつづけることしかできないという精神修業の場なのでちょっとヒヨってしまった。
こちらの港は水深もあり、湾内にいつもカタクチイワシやトウゴロウイワシが回遊しているので、サビキ釣りをしながらのんびりウツボのアタリを待つこともできるし、釣れたての新鮮なイワシを撒いてウツボを寄せることもできるのだ。

本来は今の時期は穴釣りになるので他の釣りを並行して行うことはできないが、今年は水温が高いためかウツボの回遊がまだまだ見られ、撒き餌をして寄せて釣る方が効率がいい気がしたということもある。


ポイントに到着。
KIMG1840
堤防直下に仕掛けを垂らし、アタリが出るのを待つ。

10分ほどして最初のアタリ。
上げてみると80㎝ほどの小型。
KIMG1842
リリースも考えたが、初物なのでキープすることにした。

幸先もいいし、このままどんどん釣れてきてくれるかと思いきや…
急に活性がトーンダウンしてしまい、竿を引き込むようなアタリも見られないままタイムアップ。


悔しいので翌日、今度は電車で同じ場所へ。

湾内でライズするトウゴロウイワシを釣り、そのまま餌にして投入すると…
やはり10分ほどで70㎝ほどのおチビちゃんをゲット。
釣るとすぐ胃の中身を吐き出すところとかマジでヘビなんじゃないか君たちは…
KIMG1843

さらに続けて50㎝ほどの極小ちゃんも登場(リリース)
今日こそは…!と思ったのだが、この直後に根掛りで仕掛けをロストし、一番実績のある針を切らしてしまったことから状況は暗転。

ウツボの硬いあごと歯を貫くためには、軸が細くて長く、フトコロが広くて針先がネムっていないマグロ針が一番向いていることがこれまでの実績で判明している。
さらに僕の使っているものは軸と針先が平行になっており、底を切った状態で仕掛けを垂直にしておくと針先が外を向くのだ。
そのためにウツボの口のスイートスポットを貫ける確率が高くなる。


この条件と全く反対のものがイシダイやイシガキダイといった石物用の針なのだが、西湘周辺の釣具屋で置いてあるのはだいたいこれだけなのだ。

できるだけ針ガカリの良さそうな細軸のものを選んだが、やはり針先が内向きなのはイタい。
アタリこそ多いもののまったく針に掛けることができず、時間だけが過ぎていく。

何度か針に掛けることもできたが、首振りでバレたり、サルカンを伸ばされたり。
KIMG1867
やがてアタリも減り、やることもなくなってきた。


あまりにも暇なので、年末のウツボ騒動の時にできた血だまりの跡を探してみると
KIMG1869
しっかり残っていた。
靴跡までしっかりと。
KIMG1870
血を垂らしながら右往左往したあの時のようすが蘇る…

ハッ!
漁師さんすみません、堤防を汚してしまいまして…


その後、日が暮れたので戯れにカニ網を投入してみると
KIMG1827
なぜかマガキガイが採れた!(笑)
KIMG1831
ミギーみたいな目でにらみつけてくるのが面白い。
いいお土産ができた。

しかし残念ながらウツボは釣れずじまい。
2日で小型3本というド貧果に終わってしまった。


これで30人分あるかと考えると著しく不安だが、年末に作っておいた干物とあわせてなんとか場を持たせたいと思う。
ウツボを食べてみたいという方、早めの時間からの参加をお勧めいたします。

 
 
 

コメント

  1. さかどくん より:

    こんばんは。
    ありゃ、高円寺ですか。盛況なようでなによりです(^^)
    関西で開催されたら参加させてもらいますね。。

    間人ガニでも差し入れようかな。と思いましたが…、破産するので思いとどまりました(^^;)
    で、加能ガニか越前ガニでも。と思いましたが…やっぱり破産するので止めます。野食の趣旨に反するし。
    フナかオキメダイ位かなぁ。でも、欲しいときに無いんだよね。

    • wacky より:

      ありがとうございます!
      間人ガニ、というのは京都のブランドなんですね。。やっぱり他のズワイとは味が違うんでしょうか…?
      次回もし関西で開催出来たら、お会いできるのを楽しみにしています!

  2. んんー より:

    ウミケムシ

    が食べたい方もいらっしゃるのでは??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA