星を眺めるヒットマン? サツオミシマを刺身で美味しくいただいた

とりあえず、何も言わないでこの写真を見てくれ。


可能なら5分くらい。

…どうだい、お宅の会社の部長さんにそっくりだろう?



この部長顔フィッシュ、サツオミシマというアンコウに比較的近い仲間の魚であるらしい。

鰓ぶた上部のぴらぴらがアンコウの近縁種っぽさを出してる

鰓ぶた上部のぴらぴらがアンコウの近縁種っぽさを出してる


ミシマオコゼの仲間かな…というところまでは何とかわかったのだが、そこから先はせつなさんの知識をお借りする必要があった。

 

サツオミシマという天体観測者について

無印のミシマオコゼは食べたことがあるのだが…


あまりにも違う。
KIMG4145
まず大きさが全然違っており、体積比でいえば7~8倍近くこちらの方が大きい。
最大で50㎝を超えるというのだからたいへんだ。
また、顔のようすもミシマオコゼはもう少しファンシーな感じがあるが、このサツオミシマは凄惨と呼んでもいい顔つきになっている。
活け締めの後がまるで鉄砲玉に使われたヒットマンのようだ…
この恨みはらさでおくべきかといった風情

この恨みはらさでおくべきかといった風情


サツオとは薩摩の男のように武骨でいかついところからのネーミングとも言われている。
鹿児島人には悪いが、さもありなんと言わざるを得ない。


ミシマオコゼの仲間は、砂に潜って眼だけを出し、上を通りかかる魚を食べるという習性があるが、砂に潜って上空(というか水中)をじーっと見ているようすから、英語圏では「スターゲイザー」(星を眺める者)なんておしゃれな呼び方をされている。

このネーミングセンスについては評価したいという思いがある一方で「いや…ちょっと…ないわ…」という思いも隠し切れない。。


どうします、お宅の部長が毎晩布団にもぐって頭だけ出しながら夜空見てたら。
僕ならまぁ…「ちょっと働き過ぎじゃないですか」って言って休暇を取ることをお奨めしますけどね。

サツオミシマを刺身で食べてみた

まあでも、この国には「醜い魚ほど美味しい」なんて格言がある。
アンコウに近い仲間ながら「オコゼ」の名を冠されたのはやはりその醜さによるもので、となればその味もオコゼのように美味しいものでなくては道理が通らない。

これだけのサイズだし、しかも活け締めまでしていただいていて

安心の豊栄水産クオリティ

安心の豊栄水産クオリティ


いくら鮮度落ちの激しい魚とはいえ、まずは刺身で食わねば始まらない。


ということで、さっそく捌いてみることに。

鱗は小さく、皮と一体化しているのでそのまま、表面のヌメリだけを良く洗い落とす。
包丁を入れて頭を落とし(骨がかたい!!)内臓を取り出す。
膀胱なのだろうか、黄色い液体がパンパンに詰まった臓器があるので、破らないように気をつけながら処理する。
KIMG4148
3枚に下ろすと、フグとアンコウの中間的な、やや水っぽくも弾力のある肉が現れた。
KIMG4154
KIMG4156
サクにとり、皮を引いて薄造りに。
肝が大きく、生臭みもなく美味しそうなのでスライスして添えてみた。
また、サクのひとつだけは皮を引かずに焼き霜造りにしてみた。
KIMG4173
いただきマース

…(・~・*)
なるほど、味的にはカワハギに近いが、もう少し柔らかくて味も淡泊だな。
KIMG4189
でも脂が乗っていて、味にコクがある。
本家のミシマオコゼよりも身質が柔らかい印象があるが、個体差程度のものかもしれない。
KIMG4187
肝は非常に脂があってクセが全くなく、単体で食べても美味しいが刺身と一緒に食べるとより至高の味わいに。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆

イメージ的にはやはりアンコウとフグの中間的な味わいと言えそうだ。
肝が安全に食べられるのもいい。

この身質だと、加熱するとグッと締まってよりおいしくなるかもしれない。
アラと半身はぶつ切りにして冷凍してあるので、こちらはまた次回試してみよう。

 
 
 

コメント

  1. 廣瀬 修 より:

    ツイートの写真を見た時は斑紋の具合から”キビレミシマ”かな?と思ったけど違いましたね(笑)

    ミシマと名前がついている(水揚げも多い)から駿河の三島が名前の由来と思われがちですがその昔、淡路島の傍にある「沼島」で多く獲れたので「沼島で獲れるオコゼ=ヌシマオコゼ」が語源だと言う説もあります。

    • wacky より:

      三島は内陸だし、水揚げというよりは「三島宿の醜女」に由来しているんじゃなかったでしたっけ?

  2. さかどくん より:

    おはようございます。
    珍魚ほど良い。という感じですね(^o^)

  3. 鏡の破片 より:

    部長というよりはお局さんに似てるなあ…。

    活け締めの跡、ってこの眉間(実際は違うのでしょうが、どう見てもそうにしか)に開いた銃創みたいな穴のことでしょうか?
    個人的に活け締めってのは鰓から包丁を入れるものだと思ってましたが、魚の体型によってはこんなやり方もあるってことでしょうか。
    まさか「こうした方がヒットマンに撃たれたヤ○ザみたいで面白いから」ってわけではないとは思いますが。

    お局さんに似てるなあ…。

    • wacky より:

      締め方については自分はあまり詳しくはないのですが、翔さんはプロなので常に最適な方法で締めて送ってくださいます。。
      市場ではみんな「手かぎ」で急所をどすっと刺して締めていますね!

      お局さんか…

  4. 採ニオ より:

    顔だけ出してパイ生地に埋めて、スターゲイジーパイ…
    なんちゃって(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA