寝坊派の珍魚党員にオススメ「佐島漁港」でぶっといヒラソウダを買って食べた

今回、マツカサウオを購入したのは、神奈川県は佐島漁港にある「福水産」
kimg1826

佐島の目抜き通り沿いには、この福水産を含め3件の鮮魚店があり、周辺の定置網で揚がった魚を中心に販売している。
個人店ではあるが、直売所に近い性質を持っている。


片瀬漁港や小田原漁港もそうだが、定置網の魚を売ってくれる場所では、しばしばマニアックな地魚や、マツカサウオのような「普通は売り物にならない魚」までもを置いてくれる。
今回も、生け簀の中にはタカノハダイやブダイ、シマウシノシタにボウシュウボラなど実にマニア垂涎のラインナップが泳いでいた。

 

佐島の鮮魚店はお寝坊さん向き

一方で、そういった場所は基本的に「朝市」もしくは「直売所」の形態をとるため、販売開始と同時に人がわっと押し寄せて、良い魚はあっという間に売り切れてしまうということが多い。
片瀬に至っては「マニアックな魚を狙う常連」が常に会場を待つ列の先頭に陣取っており、相当気合を入れてかからないと目当てのものを手に入れることができない。


これに対して、佐島の鮮魚店はあくまで個人商店であり、開店直後にあっという間に商品が無くなってしまうということはないようだ。
断続的に入荷があるのか、12時くらいに行っても生簀の魚たちは元気だし、マニアックな魚も残っている。
マツカサウオを買った時間も午後だったが、これが片瀬の市場なら開店30秒で売れてしまっていたのは間違いない。


ここだけの話、僕は高校2年生の時、初めて三浦半島で釣りをしたのだが、その時ここの魚屋にお世話になったのだ。
当時はまだ三浦の海の浅さに不慣れで、丸坊主に終わってしまい、父親が迎えに来る前にこっそりウミタナゴを買っていったのだ。

なぜウミタナゴにしたかというと、一番安い魚であったからである。
煮付けで美味かったが、捌くと大量の稚魚が出てきて涙目になったのが思い出される。

「刺身用」ヒラソウダを買って食べてみた

さて、実は今回佐島に来たのは、マルソウダを購入するためだった。
マルソウダはせつなさんがべた褒めしているようにかなり美味い魚で、僕に「血合いの美味さ」を教えてくれた魚でもある。

みりんでつけ焼きにすることなどを考えつつ、店頭を見て回ったのだが、ソウダガツオはあるものの、どれもヒラソウダである様子。
お店の人に聞いてみると「今日はマルは揚がってないね~」とのことだったが、釣りではどちらかというとマルソウダの方がよく釣れるのでちょっと意外に思える。


ヒラソウダは「血合いが少ない」という理由で一般的にはマルソウダよりも人気が高いが、今日の僕にとっては魅力的ではない。
仕方ないので買わずに撤収しようとしたところで、店の奥に「大ヒラソウダ グラム130円」という値札を発見。

kimg1871
見てみると、カツオと見まがうほどでっぷりと太い、40㎝をはるかに超えた1本だった。
これは食べたい! と思い、即断で購入した。


今朝水揚げされたばかりの新鮮なヒラソウダ、まずは刺身&タタキで食べないと始まらない。

kimg1877
kimg1879
というわけで3枚に下ろしてサクにとり、

kimg1880
念のため血合いは切除して、

kimg1886
半身は皮を引いて刺身に
もう半身のうち腹身の方は皮目を炙ってタタキにすることにした。

大きなヒラソウダの魅力はやはりたっぷりの皮下脂肪。
まだ9月の頭なのでどうかな…… と思ったが、MAX状態ではないものの、たっぷりと脂がのっていてとても美味しそうだ。

kimg1946
いただきマース

……(≧~≦)ウマーイ
ソウダガツオは、マルもヒラも本家カツオと比べて赤身の酸味が強い。
トロトロの皮下脂肪のまったりとした甘みを、その酸味がリセットしてくれるようなカンジでいくらでも食べられる。

時に「モチガツオ」と呼ばれるほどのもちもちとした弾力ある歯ごたえは、本家カツオにはないものだ。

味:★★★★☆
価格:★★★☆☆



散り取った血合いや腹皮は、心臓(ちんこ)や腸などのモツと一緒に甘めに煮付ける。
kimg1947
ソウダガツオの血合いは加熱しても柔らかくて歯触りがよく、強烈な旨味があって本当に美味い。
ちょっとでも鮮度に自信のないものだと怖くて食べられないのだが、さすがに「刺身用」として売られていただけあって全く問題なかった。

kimg1885
食べなかったサクは塩をキンキンに効かせて、伊豆名物塩ウズワにすることにした。
楽しみ!

 
 
 

コメント

  1. ソウダは美味しいですね。
    私もヒラよりマルの方が好きです。
    ヒラの方がくせが少なくお上品で万人受けしますが、私は野性味あふれる味が断然好きなのでマル派です。
    釣りをしていれば初夏から秋までよく釣れるのでシーズン中はたくさん食べます。
    私の場合は血合いごとお刺身にします。
    血合いが美味いんです!
    とは言え、血抜きをしっかりして、すぐにキンキンに冷やして持って来た自分が釣ってきた信用の出来るものしか食いません。
    いつか、秋終わり頃の脂ののった大きくて鮮度が確かな丸ソウダを血合いごと刺身で食べてみてください。
    個人的には本ガツオやマグロよりも美味いと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA