岡山・豊栄水産からドデカいカスザメが届いた!④:内臓とその中身を美味しくいただいた

カスザメシリーズ第4弾。

メインの部分はあらかた頂いたが、まだノータッチのパーツがある。
そう、内臓だ。
KIMG1378
軟骨魚類の内臓と聞くと、やたらと生臭かったりアンモニア臭かったりするイメージがあるが、今回のカスザメは締めとその後の処理が完璧だったために全く臭くなく、新鮮なモツそのものであった。
これは試食せずにはいられない。。

 

肝臓

捌いていて特に目立ったのが
KIMG1382
肝臓。
三つ又に分かれた形状をしており、アンキモのようなクリーム色をしていて柔らかく、持ち上げるとずっしりと重い。
真ん中の一辺には大きな緑色の胆嚢がへばりついており、これを傷つけると大惨事になりそうだ。

胆嚢がついている一辺は切り落として捨てて、
KIMG1397
残りのうち一辺を
KIMG1398
…刺身に!
カスザメのレバ刺しだ。

オーソドックスに、ごま油と塩でいただきます。
KIMG1401
…(・~・;)
う、美味い…
とろっとして柔らかく、そのくせ歯応えはしっかりしていて、もっっっのすごい濃厚でクリーミー。

しかし…ちょっと…脂が…
自分があと10歳若ければこれくらいコッテリしたものも美味しく食べられると思うが、三十路の胃にはちときつい脂の乗り。
2切れでギブアップしてしまった。

生で食べるとコッテリしすぎるのならば、加熱したらちょうどよくなるかもしれない。
と言うわけで、
KIMG1403
ラップに包んでレンジで蒸してみた。
KIMG1410
なんか…見た目はちょっとアレだな…
でも大事なのは味。
ポン酢ともみじおろしでいただきましょう。
KIMG1412
…(・~・;)
やっぱりちとコッテリし過ぎだなぁ…
海のフォワグラ・あん肝みたいになることを期待したんだけど、この脂、柔らかさ、これは本家フォワグラに近い。
単体で食べるよりは、添え物にしてあげた方が良い気がする。

と言うわけで、連れの発案でアナゴの白焼きに乗っけてみた。
KIMG1419
さっぱりしたアナゴの味わいに、コクがありながら臭みのない肝の脂が上手く添加されており、とても美味しい。
これ、マグロとか赤身肉のステーキに載せたら魚版ロッシーニ風になるんじゃないかしら…!

味:★★★☆☆
価格:★★★☆☆

卵巣

KIMG1381
煮こごりを作るときに一緒に入れて煮てみたのだが、
KIMG1501
未熟な卵黄が次々と弾けていなくなってしまった。

なんとかサルベージしたものをひとつ食べてみたが…
KIMG1502
…(´・~・`)
粉っぽくてもそもそする…

もっと成長すれば変わるかもしれないけど、とりあえずいまの時点ではカスザメの卵巣は美味しくないと言うことにしておこう。

味:★★☆☆☆
価格:★☆☆☆☆

KIMG1383
やたらと硬くて存在感のある胃袋。
中に誰かいるのか?とサックリと切り開いてみたところ、

!?

!?


めっちゃ新鮮なグルクン(タカサゴorニセタカサゴ)さんが現れた。
KIMG1388
グルクンは水揚げ後すぐに赤く変色してしまうため、市場でも「赤い魚」だと思われているほどだというが、このグルクンは胃袋から出てきたにもかかわらず元の色を残しており、新鮮さが窺える。

ここまで新鮮なら…
KIMG1395
食べるしかないでしょ!
鱗を落とし、塩焼きにしてみた。
KIMG1396
…(`・~・´)
うん、グルクンの塩焼きって食べたことないけど、たぶんこんな味なんだろうな。
若いイサキや夏のマサバを塩焼きにしたような、さっぱりして素直な白身魚の味がする。

胃の内容物を食べるなんてまるでベアグリルスみたいだけど、「新鮮な魚のみを丸飲みする」というカスザメの性質を考えればそこまで冒険ではない…よね?

味:★★★☆☆
価格:★★☆☆☆

カスザメほど食レポを書きたくなる魚はそういない

と言うわけで4回にわたってレポートしてきたカスザメだが、これで一段落である。
大きさもさることながら、形や身の味、内臓に至るまでユニークな点が多く、楽しむことができた。
ここまで仔細にレポートしたくなる魚はあとはウツボくらいだろう。

次また手に入ったら、今度はウツボ同様に皮を鞣してみたい。

 
 
 

コメント

  1. akicici より:

    立派なグルクンが入っていたのですねぇ(@_@)
    こんなに大きな魚ではありませんが、1kgほどのメタボ鯖を捌いたとき胃袋の中から12cmほどのイワシが5匹出てきたことがありました。
    鯖といえども立派なフィッシュイーターでした。

    • wacky より:

      いやぁビックリでした!
      サバの体内から出てくるのはたいがいカタクチイワシですよねぇ。。よくもああ何匹も丸飲みするもんですよね。。

  2. 夢の天秤 より:

    めちゃくちゃ新鮮なグルクンですね・・

    昔、ホシザメの肝を一気食いして会社休んだことがあります。
    火を通せばよかったのか・・

    • wacky より:

      それは無茶をしましたねーw
      あんまりデカい肝や底生魚のものはビタミンAなどを過剰に含んでいて大量に食べると過剰症になってしまうことがあります。
      もしかするとそれかも…

      であれば、加熱はあまり関係ないですね。。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA