岡山・豊栄水産からドデカいカスザメが届いた!①:とりあえずぶった切れ

北茨城からの帰り道、岡山中央卸売市場・豊栄水産の翔さんから電話が入った。

「茨城の魚屋さんで楽しそうなところ申し訳ないんですけど、明日、豊栄便送りますから!」

おお、まさかの珍魚祭り。
まあでも、美味しい魚はいくらあっても大丈夫ですからね!

「それはよかった。今回は例のやつと、あとめちゃくちゃデカイの行きますんで、カクゴしといてくださいね!」

えっなにそれこわい
ふだんはこんな勿体ぶった物言いしない翔さんがここまで言うなんて、いったい何がくるんだ…?


翌日。
KIMG1325
デカイ箱キター!
中身はなんだ…?

!?

!?


サイズ比較用のルートビア350ml缶と

サイズ比較用のルートビア350ml缶と


なんとまぁ…

なんとまぁ…


ドデカイのキター!!

翔さんに電話だ!

~♪
あ、もしもし翔さんどうも、デカイのが到着しました!
これ、カスザメですよね?

「さすが、よくご存知で!ひょっとして食べたことあります?」

いえ、ありがたいことにまだです!
昔、釣りをしてるときに、目の前で泳いでるのを見たことはありますけど…

「よかったー。調べてみると、結構美味い魚らしいですね!」

そのようですね…いろいろ試してみます!ありがとうございます!

 

お風呂場解体でスプラッター

というわけで我が家にやってきたカスザメ。
KIMG1350
鹿児島で揚がり、活けで岡山に届いたものをきっちり締めて送ってくれたらしい。

にしてもデカい。

裏面

裏面


余裕のメーターオーバーだ。

とてもじゃないがキッチンでは捌けないので、風呂場で解体作業を行うことに。
アメナマ以来である。

まな板と出刃包丁を持ち込み、本能のままにぶった切っていく。

鮫肌と粘液がスゴイ

鮫肌と粘液がスゴイ


飛び散る血、内臓、そして粘液で滑る床。
バラバラ死体遺棄事件の犯人の気持ちをモロに追体験できる。


図体はデカいがさすが軟骨魚類、骨を切るのにさほど苦労はしないですんだ。
その代わり皮膚がめちゃくちゃ硬い
厳密にいうと鱗の部分が。
ゆびの皮がボロボロになる

ゆびの皮がボロボロになる


サメの鱗は盾鱗と呼ばれており、おろし器に用いられるのはよく知られているが、近年の研究で、あの無限に生えてくるサメの歯もこの盾鱗がもとになっているということが分かったそうだ。
それくらい硬い。

その中でも、カスザメの盾鱗はとりわけ硬いように感じる。
出刃の歯も少し欠けてしまった。
砥ぎ直し、キッチンばさみも併用しながらザクザクと切り進めていく。

30分ほどでそれなりの大きさに小分けすることができた。
KIMG1365

「インバネス」を捌く

さて、カスザメはご覧の通りとてもユニークな形状をしている。

ホームズが羽織っていることで知られる「インバネスコート」にシルエットが似ているため「いんばねす」と呼ばれることもあるのだが、これほどぺったんこでもなんとサメに分類されるらしい。


サメとエイの違いは鰓孔の向きにあり、鰓孔が側面にあるとサメ、底面にあるとエイとなる。
なのでサカタザメは完全にエイなのだが、カスザメはというと

どっちやねん

どっちやねん


側面下部から底面にかけて穴が開いている。
ということでこれだけでは全く区別ができない。


ではどこでサメと定義されたかというと、頭部と頭部よりの左右の鰭の間に切れ目があり、頭部が独立した構造になっている点だ。
こうなっているので

こうなっているので


鰭を落とすとヒワイな感じになります

鰭を落とすとヒワイな感じになります


これにより「サメかどうかは置いといて、エイではないなぁ…」という妥協心が生まれ、サメと比定されたようだ。

個人的にはそれよりも、この見事なまでの鮫肌のせいではないかと考えているのだが…


というわけで、頭部、腹部、尾部、鰭×4という風に、構造に従って解体した。
これをそれぞれ処理していくことにするが、続きはまた次回に。

瀬戸内のマイナー魚が食べたい!という皆さんへ

このサイトでマイナー魚を取り上げはじめてから、「自分も買ってみたい!」「通販はないの?」という声を多くいただくようになりました。

翔氏がお勤めの「岡山市中央卸売市場 豊栄水産株式会社」では、個人からの注文や鮮魚の発送も承っているとのこと。
(※2015.11.20注※現在、豊栄水産さまではクロネコヤマトの代引き決済システムの登録申請中とのことです。個人のお客様については、代引きが利用できるようになってからのご注文をお勧めいたします。使えるようになりましたらこのサイトでもお知らせします。)

興味がある、という方や聞いてみたいことがある方は、このサイト(ブログ)右列のコンタクトフォームからご連絡いただければ、取り次がせていただきます。

もちろん、直接以下の連絡先に問い合わせいただいても大丈夫とのことです。
(営業時間は市場に準じるので、10時~17時、21時~1時の間は電話をお受けできないことがあるそうです。)

岡山市中央卸売市場 業務用水産物卸
豊栄水産株式会社(ほうえいすいさんかぶしきがいしゃ)
086-265-8800
定休日:日曜・祝祭日、隔週水曜(市場の定休日に準ずる)

「野食ハンマープライスを見た」「翔さんをお願いします」と言えば話がスムーズに行く…かもしれませんw

 
 
 

コメント

  1. より:

    最近僕の売り場が「水族館」と呼ばれています笑
    鰭を落とすと確かに卑猥な形ですね‼︎
    危うくビールを噴射する所でした笑

    • wacky より:

      あの店の前のイケスにこんなのが泳いでたら、みんな見に来るでしょうね!(笑)

      ヒワイなんですよ…気づいたとき、僕も鼻水出ました!裏側の中心に筋が1本通っていて、それがまた…(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA